出石の辰鼓楼と皿そば
2017/05/29(Mon)
出石町(いずしちょう)は、2005年に豊岡市、城崎町、竹野町などと合併し、新「豊岡市」になりました。
平成の大合併で町や村の名前ががずいぶん消えていったのではと思います。
出石郡出石町の方が、城下町の風情があっていいのになぁ。 
                            (2017.5.21 撮影)


車庫の扉
出石へ行くには、豊岡からバスが出ていますが、神戸からではちょっと時間がかかります。
今回は車で行きました。
駐車場の横が消防団車庫になっていました。
扉の絵がいいですね。


辰鼓楼
駐車場の前は大手前通りです。
出石城跡は大手前通りをまっすぐに進むとすぐです。
辰鼓楼(しんころう)が城の手前に見えています。


辰鼓楼
「辰鼓楼」
- 明治4年(1871)旧三の丸大手門脇の櫓台に、時刻を知らせる太鼓をたたく櫓として建設されました。後に大時計が寄贈されてからは、日本最古の時計台として親しまれています。 - パンフレットより


郵便局
辰鼓楼の前の「出石内町郵便局」です。
日曜日で閉まってますね。


旧出石町役場玄関車寄せ
城跡の前の広場にあった「旧出石町役場玄関車寄せ」です。


登城橋
登城橋です。


登城門
橋を渡り、登城門をくぐります。


出石城跡
石垣を横に見ながら、階段を上っていきます。


出石城跡
ここが二の丸跡です。


出石城跡
二の丸跡の広場から、本丸跡地に復元された隅櫓を撮りました。


谷山川
登城橋の下を流れる谷山川です。


有子山城跡看板
広場にあった有子山(ありこやま)城跡の案内看板です。
国指定史跡になっています。

出石城跡から登城路がありますが、40~60分ほどかかり、健脚向きとのこと。
で、今回は訪問は遠慮いたしました。


出石町内
出石は但馬(たじま)の小京都と言われています。
城下町らしい趣がありますね。


皿そば
そして、なんといっても皿そばです。
お店の名は「登城」、これは出石焼でしょう。


皿そば
出石手打ち皿そばは1人前(5皿)850円、追加1皿130円です。


皿そば
最後に熱い蕎麦湯を持ってきてくれますので、つゆと一緒に飲むんですが、これがまたおいしいです。


マンホール
出石のマンホールです。
辰鼓楼と旧出石町の花、テッセンがデザインされています。


この記事のURL | 兵庫県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ