洞窟の神社 鵜戸神宮(うどじんぐう)
2016/08/31(Wed)
堀切峠で一休みしたあと、旧国道220号線を通り、鵜戸神宮(うどじんぐう)へ寄ってみました。
宮崎県日南市の日南海岸、その太平洋に面した洞窟の中に朱塗りの鮮やかな神社がありました。
                              (2016.8.19 撮影)


鵜戸神宮
旧国道220号線(現在は県道377号線)の標識を見て、鵜戸神宮への道を走り、大きな駐車場に着きました。
後でわかったのですが、もう少し県道を走ると、海岸参道の入口から入ることができたようです。

黄色の線が歩いたところですが、遠かった~。


鵜戸神宮
駐車場から階段を上ったところに標識があり、徒歩15分と書いてあります。
駐車場からこの「鵜戸崎隧道(うどざきずいどう)」まで約3分かかっていますので、
ここからまた15分はちょっと迷いましたが、行くことにしました。


鵜戸神宮
鵜戸神宮の看板や赤い門、これは「神門」といいますが、約10分後到着です。
すぐ近くには駐車場がありましたが、普通車のみで大型のバス等は駐車できないそうです。

隧道からずっと下りでしたので、帰るのが大変です。


鵜戸神宮
神門をくぐると、左側に社務所があります。
このまま、まっすぐ「楼門(ろうもん)」の方には進めませんでした。
ガードマンさんがいて、案内をしている通りに、社務所の横の坂を上がります。


鵜戸神宮
青いシートに囲まれているのは「楼門(ろうもん)」と思います。
工事中なんですね。


鵜戸神宮
回り道の途中に、鵜戸稲荷神社へ向かうための石階段と赤い鳥居がありました。。
この鳥居の両脇に、一対の狛犬が置いてあるんですが、写真ではよくわかりませんね。


鵜戸神宮
参道の横にウサギの絵馬がかけてありました。


鵜戸神宮
参道を玉橋まで進みました。


鵜戸神宮
いよいよ本殿です。
海がきれいです。


鵜戸神宮
鵜戸神宮本殿に到着しました。
駐車場から約20分かかりました。


鵜戸神宮
岩の中だから少しはひんやりしているかなと思いましたが、暑いです。


鵜戸神宮
海岸側の手すりの下に見える、「亀岩(かめいわ)」です。
運玉を男は左手、女は右手で投げて、亀岩の枡形に入ると願いがかなうといわれています。

5個100円の運玉を200円分買って、一人2個ずつ投げました。
1個枡形には入ったけど、すぐ落ちていきました。
入っただけでも願い事がかなうのかな。


鵜戸神宮
太平洋の波に洗われた奇岩の数々、神秘的ですね。

このあと、駐車場まで上りの階段と坂道を歩かないといけません。
途中で倒れるのではないかと心配しましたが、無事戻ることができました。


この記事のURL | 九州地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ