曹洞宗大本山 永平寺
2016/04/26(Tue)
永平寺(えいへいじ)は福井県吉田郡永平寺町にあります。
行くなら、冬と決めていたのですが、結局春に行くことになりました。
サクラはまだ早かったようです。
                               (2016.3.30 撮影)


永平寺
駐車場からすぐのところにある、正門参道を歩きます。


永平寺
通用門をくぐると受付があり、参観のチケットは自販機で買いました。
参拝(大人個人)500円、参拝(小中学生)200円で法話、座禅、写経などは別になります。


永平寺
「吉祥閣(きちじょうかく)」
研修道場で、写経や禅の修行を体験していただくところです。
売店もあります。

ここで靴を脱ぎ、スリッパをはいて順路にしたがって参拝をしていきます。


永平寺
平成6年に改築された「傘松閣(さんしょうかく)」の大広間で、天井には230枚の絵が飾られています。
昭和5年(1930)建築当時の天井絵をそのまま修復したものです。-パンフレットより


永平寺
きれいに磨かれた、階段状の回廊がいくつも続き、どこを歩いているのかわからなくなりました。


永平寺
階段の端にこんなものが。
何でしょうか。


永平寺
「僧堂(そうどう)」から「仏殿(ぶつでん)」への順路の途中にあった回廊です。


永平寺
「山門(さんもん)」に安置されている四天王。
平成20年(2008)に修復されたものだとか、鮮やかなカラーが新しい感じですね。

向かって左が「南方増長天王」、右が「西方廣目天王」。


永平寺
こちらは左が「北方多聞天王」、 右が「東方持国天王」。


四天王は、東の持国天(じこくてん)、南の増長天(ぞうちょうてん)、
西の広目天(こうもくてん)、北の多聞天(たもんてん) をいうそうです。
インド神話的な神ですが、仏教に取入れられてからは仏法の守護神とされています。


永平寺
「山門」から「中雀門(ちゅうじゃくもん)」を撮りました。


永平寺
建物の参拝を終えました。
出口付近の境内の風景です。
苔が柔らかそう。


永平寺
「報恩塔(ほうおんとう)」
写経が納めてあります。


この後ですが、4月8日のBSプレミアムで「新日本風土記」の再放送があり、『永平寺』でした。
やっぱり雪の時期に行かなくてはと思ったものです。

この記事のURL | 北陸地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ