兵庫県西脇市の日本へそ公園
2014/11/12(Wed)
兵庫県西脇市は、東経135度北緯35度が交差する「日本の中心」の場所です。

神戸から西脇へ行くには遠い感じがして、今までは車で行ってました。
昨年「あいたい兵庫キャンペーン」でお城めぐりをしたとき、神戸電鉄とJR加古川線に乗ると案外近いということに気が付きました。
                                      (2014.9.14 撮影)


駅名標
JR加古川線日本へそ公園駅名標です。
神戸電鉄粟生線終点の粟生駅で加古川線に乗換え、西脇市駅でまた谷川行に乗換えます。


日本へそ公園駅舎
日本へそ公園駅舎です。


日本へそ公園駅
線路と加古川をまたぐ緯度橋の上から見える、駅舎とホームです。
左に見えるのは「岡之山美術館(おかのやまびじゅつかん)」です。
3両連結の列車のような建物になっています。


緯度橋の上の案内板
駅前広場から橋に上がるらせん階段を上って橋の上に出ました。
またらせん階段があり、そこに看板と矢のモニュメントがあり、ここが真ん中かと思ったのですが、ちがってました。
交点は加古川の河川敷に位置し、大正12年に建立された交点を示す標柱があるとのこと。
日本へそ公園は、この交点に隣接する岡之山の山麓に建設されました。


陶板壁画
また駅前にもどります。
美術館の横には、西脇市出身の画家・横尾忠則氏の陶板壁画がありました。


日本へそ公園
駅前から少し上っていくと、「にしわき経緯度地球科学館(テラ・ドーム)」が見えてきます。


テラドーム
屋根にぐるぐる目玉のような物が描かれている建物です。


テラドーム
テラ・ドームは地球・宇宙をテーマにした科学館です。
開館時間は10時~18時、入館は17時30分までです。
休館日は月曜日・祝日の翌日(その日が土・日の場合は除く)と年末年始。
入館料は大人510円、高校・大学生200円、小・中学生100円です。団体は割引があります。


テラドーム内部
中の展示室です。


天体観測
昼間の天体観測があるということで、参加しました。
口径81㎝大型反射望遠鏡がゆっくりと動いています。


テラドーム内部
案内板です。


テラドームとモニュメント
館内の係りの人から、へそモニュメントがあると聞き、丘の上に上ってみることにしました。


案内板
「日本のへそモニュメント」案内板です。
こちらは人工衛星を使って測ったもののようです。
加古川の河川敷にある標柱は昔の測量によるものなんですね。


へそ
中央の四角いところが、新しい「へそ」です。


テラドームと町並み
モニュメントのある丘の上から撮りました。


宇宙っこランド
宇宙っこランドも見えます。


テラドーム
柱の上にあるのは12星座のオブジェで、横尾忠則氏の製作だそうです。


シャボン玉
広場で遊んでいた家族連れのお父さんがシャボン玉を作って飛ばしていました。
太陽にあたってキラキラしてきれいで、撮らせてもらったのですが、この程度しか撮れません。

この記事のURL | 兵庫県 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ