日田市三隈川の鮎やなと橋
2014/08/28(Thu)
今年の夏の帰省は、宮崎に帰る前に日田に1泊しました。
「かんぽの宿日田」より事前に案内のチラシを送っていただき、「鮎やな場」のことが書かれてありました。
故郷の五ヶ瀬川にもやな場がありました。
落ち鮎をやなで拾うので季節は秋だったと思います。
今もあるのかちょっとわかりませんが。
日田のやな場とはどんなものか、見に行きました。
                                  (2014.8.12~13 撮影)


鮎やな場
三隈川(みくまがわ)の川原です。


鮎やな場
テントに座席が設けられています。


鮎やな場
えーと、鯉のぼりですね。


鮎やな場
これは鮎のぼりですかね。


鮎やな場
やなの上に自由に上がれます。
水の勢いが強いので、小さな子どもさんたち、大丈夫かとちょっと心配しました。


鮎やな場
日田鮎やな場は7月19日~11月3日まで営業されるそうです。
鮎の塩焼き 1匹(小)500円より。


三隈大橋
やな場の下流にある「三隈大橋(みくまおおはし)」、緑のトラス橋です。


三隈大橋
両側に歩道が設置されています。


三隈大橋
車の中から撮りました。


日田市マンホール
橋のそばにあったマンホールです。
鵜飼がデザインされています。
この記事のURL | 九州地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ