曽爾高原
2013/11/28(Thu)
今年もJRの「秋の関西1デイパス」が発売されました。
利用期間は9月14日~12月15日までです。
JRの自由周遊区間と大阪水上バスと近江鉄道、この3つの1日乗り放題と、曽爾(そに)高原、高野山、びわこのチケットのどれかひとつに引換えできる引換券がセットされています。(大人3,500円)
近江鉄道も捨てがたかったのですが、ススキの曽爾高原チケットを選びました。
                                   (2013.11.17撮影)



近鉄名張駅
神戸を7時46分発の新快速に乗り、鶴橋で近鉄に乗り換えて名張(なばり)着10時8分です。
近鉄名張(なばり)駅 -三重県名張市- です。



三重交通バス
曽爾高原まで47分で運んでくれる、三重交通バスです。
高原まで運行するバスは、普段は1本のみでこの時期2ヶ月間は1本増えます。



青蓮寺ダム
青蓮寺(しょうれんじ)川に造られた、青蓮寺ダムです。


青蓮寺川(曽爾川)
バスの中から川沿いの紅葉が見えて、きれいと声が上がってました。
写真よりずっと鮮やかな色をしています。



青蓮寺湖
ダムの上流でボートに乗っている人がいました。


青蓮寺川沿いの渓谷
見上げると故郷の高千穂峡谷のような岩が。
上の4枚はバスの中から撮っています。



曽爾高原
終点曽爾高原で降りて、遊歩道を登って行きます。
12~13分でここまでたどり着きました。



曽爾高原
国立曽爾青少年自然の家の看板です。
曽爾高原は奈良県宇陀郡曽爾村にある高原で、室生赤目青山国定公園内にあります。



曽爾高原
お亀池のまわりをぐるりと散策できます。


曽爾高原
水はあまりなく、池というより湿原といった感じです。


曽爾高原
小さな森が紅葉しています。ススキの白さと対照的なのですが、あまりわかりませんね。


曽爾高原
山の上に登る道もあって、大勢の方が登っていました。
これは遠慮します。



曽爾高原
ススキが太陽を受けて光っています。
これも写真ではわかりません。



マンホール
近鉄名張駅前の広場にあった小さめのマンホールです。
中央は名張市のマスコットキャラクター「ナッキー」、市の花「キキョウ」と市の木「モミジ」がデザインされています。


この記事のURL | 近畿地方 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ