清盛七辨天(1)
2012/07/31(Tue)
兵庫七福神をめぐる時に、清盛七辨天(きよもりななべんてん)のいくつかも見ていました。
いつか全部見たいと思っていたので、改めてまわったのですが、季節をまちがえたかな、暑すぎましたぁ。
                            (2012年7月撮影)


「清盛七辨天」
 兵庫の港は、大輪田の泊(おおわだのとまり)と呼ばれ、平清盛はこれを改良し、更に便利な港として外国との貿易を盛んにし、兵庫に築島(経ケ島)を築きました。
1180年に清盛は安芸国の厳島神社を勧請し、このとき宮島にある七つの海岸にちなみ、兵庫に七つの辨財天をお祀りしたのがはじまりです。-パンフレットより



七辨天とのことですが、清盛くんと松王丸くんが入って9カ所ありました。
1.和田宮(安全辨天)→2.真光寺(音楽辨天)→3.能福寺(清盛くん)→4.来迎寺(松王丸くん)

5.済鱗寺(勉強辨天)→6.恵林寺(運動辨天)→7.兵庫厳島神社(お洒落辨天)

8.氷室神社(恋愛辨天)→9.花隈厳島神社(健康辨天)



まずは来迎寺まで。

1.和田神社(和田宮)の安全辨天- 兵庫区

和田神社の安全辨天
和田神社は安全辨天なので、ちょうど車のお祓いに来られている一家に会いました。


和田神社鳥居
正面からは逆光になり、中に入ったところから撮りました。
大きな鳥居は震災で倒壊、1996年に再建されたものです。



和田神社
平清盛が大輪田の泊修築の際、事業の無事と将来の繁栄を祈願し安芸の宮島より
市柿嶋姫大神(いちきしまひめのおおかみ)を勧請したとのことです。



2.真光寺(しんこうじ)の音楽辨天 - 兵庫区

真光寺の音楽辨天

真光寺
時宗の開祖、一遍上人が亡くなったところに建立された寺です。
一遍上人は「おどり念仏」という布教方法により、全国を遍歴したことで有名です。



真光寺境内
「清盛茶屋」の旗が立っていました。暑いから誰もいませんね。


3.能福寺(のうふくじ)の清盛くん - 兵庫区

能福寺の清盛くん

能福寺前の案内
前に来た時はこの案内柱はありませんでした。
大河ドラマにちなんでつくられたのでしょうか。



能福寺の兵庫大仏
兵庫大仏は、昔は奈良、鎌倉に並ぶ日本三大仏の一つといわれていたとか。


平相國廟
平相國廟(へいしょうこくびょう)、わが国唯一清盛の公墓処と看板に書いてあります。


4.来迎寺(らいこうじ)の松王丸くん - 兵庫区

来迎寺の松王丸くん

来迎寺
来迎寺、別名築島寺。
松王丸の菩提を弔うために建てられたそうです。



松王小児入海之碑
「松王小児入海之碑」
清盛が経ケ島築造をする際、暴風雨と大波のため工事が進まず、旅人を人柱にして海神の怒りをなだめようとしたとき、17歳の松王丸が代わりに自分が人柱になると願い出て、経文を記した石と共に沈みました。-パンフレットより

この記事のURL | 街の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ