FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
三木総合防災公園
2017/09/08(Fri)
三木市の兵庫県立三木総合防災公園は、阪神・淡路大震災のあと、その経験を基に整備された面積202.5ヘクタールの広域公園です。
平時には公園として、災害時には物資拠点として利用する目的で整備されました。

三木市と言えば神鉄粟生線ですが、防災公園への公共交通機関は神姫バスになります。
この日は車で行き、もう一度バスに乗って行ってみようと思っていたのですが、結局行けませんでした。
                             (2017.4.1 撮影)


防災公園入口
防災公園の入り口です。


E-ディフェンス
公園内にある、「E-ディフェンス」です。
国立研究開発法人防災科学技術研究所が所管する、大規模実験施設とのこと。

一般的な日本の戸建住宅のほか、鉄筋コンクリート造6階建て程度の建物の震動破壊実験を行うことができる世界最大の耐震実験施設だそうです。

すごいものがあったんですね。


野球場
野球場です。
照明設備もあり、ナイターでも利用できます。


疎水の鋼管
野球場から見える鋼管は、淡河疎水(おうごそすい)の鋼管です。
園内を通過して、加古郡稲美町まで流れています。


陸上競技場
日本陸上競技連盟第1種公認の競技場です。


公園内
陸上競技場前の芝生広場です。
スケボーなどで子どもたちが楽しんでいました。


ビーンズドーム看板
「ビーンズドーム」は公園の中にある屋内総合テニス場です。
2018年3月までの命名権スポンサーは「ブルボン」で、名称の頭についています。


ビーンズドーム
テニスボールのような屋根をくぐり
        ↓

入口
入口から入ります。
オリンピック、待ち遠しいですね。


テニス場の床
床もテニスボール。


ポスター
ポスターです。


テニスコート
屋内テニス場即製立体トラスを使用したドームとしては、日本最大ですって。
国際試合に対応した1500人収容のセンターコートです。(ハードコート)


スポンサーサイト
この記事のURL | 兵庫県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑かった鎌倉の街
2017/07/29(Sat)
江ノ電鎌倉駅の改札口を出ると、すでにたくさんの観光客で駅前はにぎわっています。

地図も何も持ってないので、ベビーカーの赤ちゃん連れのママに聞いてみました。
「大仏さんて近くですか?」と。
「遠いですよ、20分はかかると思います」とのこと。

20分くらいなら、ま、歩けるかと思い、晴雨兼用の傘をさして歩き始めました。
                            (2017.7.9 撮影)


江ノ電
駅前の御成通りを抜けて、右折して道なりにまっすぐと教えてもらいました。
抜けたところに、江ノ電の踏切があり、ちょうど通っていくところでした。
右折してからが遠かったです。


案内板
途中で写真を撮りつつ、追い越していくバス(え?大仏前の文字が見えてる。バスがあるんだ…)を見送りつつ、歩くこと38分。
仁王門をくぐり、受付で拝観料200円を払い、この案内板の前に立つことができました。

大勢の見物の方々で、また汗びっしょりで、写真を撮る元気もなかったです。


大仏
鎌倉大仏は国宝です。


大仏
高徳院(こうとくいん)の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像。
像高約11.3m、重量約121t あります。


JR鎌倉駅
大仏前のバス停があったので、帰りはもちろん鎌倉駅行の江ノ電バスにしました。
時間は10分弱、200円でJR鎌倉駅に到着です。


京急りんんどう号
駅前広場に赤いバスが入ってきます。
このレトロ調バスは京浜急行バスの「京急りんどう号」でした。


JR鎌倉駅名標
JR横須賀線鎌倉駅ホームの駅名標です。
新幹線は新横浜から乗ることにしました。
かなり時間はあるのですが、暑さに完敗、新横浜に向かいます。

A型の友人たちにしっかり日程を組んでもらって、別の機会に鎌倉観光をしようと思います。
長谷寺も行きたかったなぁ。


鎌倉駅ホーム
左は下り逗子方面行を後部から撮り、右は上り横浜方面行の電車の先頭部です。


鎌倉駅ホーム
どちらの列車(普通)にも2階建てグリーン車が連結されています。


グリーン券販売機
ホームには「Suicaグリーン券」の券売機が設置されています。
Suicaで購入できるグリーン券で、クレジットカードから引き落とされるそうです。
便利ですね。


横浜市営地下鉄駅
鎌倉から13時前の君津行に乗り、横浜で下車、市営地下鉄で新横浜に行くため、地下鉄の駅まで歩きました。


横浜市営地下鉄
あざみ野行に乗り、新横浜で降りたところです。
ホームドアーがあります。


地下鉄のホーム
ホームに水飲み場が。
近頃は見かけなくなりました。


新横浜駅
新横浜駅舎です。


新横浜駅名標
新幹線新横浜駅ホームの駅名標です。


新幹線新神戸駅ホーム
約2時間半で、新神戸まで戻ってきました。
乗ってきた「のぞみ」が博多に向かって出発します。


神鉄
新神戸から、地下鉄~神鉄と乗り継ぎ、西鈴蘭台に帰ってきました。
今日も長い一日でした。


この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渡良瀬橋と足利の街を歩く
2017/07/24(Mon)
わたらせ渓谷鐡道の桐生駅に戻ってきたのが、午後4時過ぎでした。
桐生の街をもう少し歩き、足利に6時ごろ着く電車に乗ればいいと思っていたのですが、カメラを見てびっくり。
まさかの電池切れ寸前でした。

そういえば四国に行った時も同じような展開になったなあと思い出します。
学習ができてないんですねぇ。
                         (2017.7.7 ~ 8 撮影)


足利駅名標
足利駅名標です。
夕方5時前に到着しました。


JR足利駅
JR足利駅舎です。
今から予約したホテルに向かいます。

まずカメラの充電をして、渡良瀬橋(わたらせばし)に行かなくては。


足利市内地図
足利市内地図を作ってみました。
ホテルは鑁阿寺(ばんなじ)の目の前にあり、渡良瀬橋までは結構遠いみたいです。


渡良瀬橋
充電を少しして、日が落ちる前に橋まで急ぎました。
約20分かかったと思います。


渡良瀬橋が見えてきました。
橋の両端に歩道がありますので、向こう岸にわたってみます。


渡良瀬橋
橋を渡ったところです。


渡良瀬橋
橋の下の方から落ちる夕日を撮ろうと待っていました。
長いトラス橋ですね。


渡良瀬橋
太陽が沈んでいきます。
これは携帯のカメラで撮りました。


渡良瀬橋
18時46分です。
沈んでしまったけど、赤い夕焼けにはならず…。
歩くときに聞こえていた、「渡良瀬橋」のメロディ、その歌碑も探せず…。


中橋
下流の「中橋(なかばし)」を渡って帰ることにします。
緑色の鉄骨アーチ構造の橋で、夜間は326個のイルミネーションが点灯されるそうです。
そして、カメラの画面は真っ暗に。

このあと、ホテルまで帰ったのですが、あると思っていたコンビニが見当たらず、結局JR足利駅付近まで歩きました。
コンビニでおにぎりを買い、暗い中を歩き、ホテルに帰り着きました。

長い長い一日がやっと終わりました。




足利学校
翌8日も朝からよく晴れています。
今日は東京まで行きます。

朝早く出発、「足利学校」は外から見るだけでした。


八雲神社
八雲神社(やぐもじんじゃ)がありました。
足利市には5つの「八雲神社」があり、これが歌に登場する八雲神社かどうかわかりません。


鑁阿寺
ホテルのすぐ前にあった「鑁阿寺(ばんなじ)」の山門です。


鑁阿寺
本殿は国宝になっています。
鑁阿寺は足利氏の氏寺(うじでら)- 菩提寺です。


中橋
足利市駅から東武伊勢崎線に乗るべく、急ぎました。
昨日通った中橋を渡ります。


渡良瀬橋
上流に見えるのは渡良瀬橋です。


足利市駅
足利市駅南口に着きました。
8時33分発の電車に乗ります。


足利市駅構内
改札前の立て看板。
写真の夕日きれいです。


足利市駅名標
足利市駅ホームの駅名標です。


足利市駅ホーム
東武伊勢崎線・館林行電車が入ってきました。
これは後部です。
写真を撮って、乗ります。

館林で久喜行に乗り換えました。


久喜駅ホームく館
東武伊勢崎線・久喜駅ホームです。
ここからJR宇都宮線(上野東京ライン)・熱海行に乗り換えます。


JR蓮田駅ホーム
電車の窓から外を見ていたら、カラーのマンホールが見えたので、蓮田駅(はすだえき)で降りてみました。(埼玉県)
20分ぐらいでまた駅に戻り、ホームで次の上野東京ラインの電車を待っているところです。

E231系、北行の上野東京ラインが隣の線路を通っていきます。
2階建てグリーン車を組み込んだ編成の列車です。
新幹線並みの長さですね。


JR上野駅ホーム
銀座には地下鉄で行くつもりでした。
東京駅より、上野駅の方がいいかなと思いながら降りたのですが、よかった~、正解でした。

案内の標識を見上げたり、壁の矢印を見たりしながら地下鉄に乗り、今度は降りてから地下を延々と歩きました。
東京はつくづく広いと実感、でも無事に銀座の会場に到着しました。


この記事のURL | 関東地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸から飛行機で茨城へ
2017/07/14(Fri)
昨年に続き、今年も7月の七夕同窓会に参加しました。
会場も同じく銀座です。
3日間を有効に使いたいと思い、苦手な飛行機で出発です。
                            (2017.7.7 撮影)


空港バス
神戸空港ターミナル前にバスが停車していました。
「神戸空港島内無料巡回バス」です。


神戸空港
空港ターミナルの正面玄関です。


スカイマーク
スカイマークが準備中です。
これが茨城行と思います。


スカイマークキットカット
神戸発 8:00 ~ 茨城着 9:15 の予定です。
機内で「キットカット」いただきました。


茨城空港
予定より少し早く着いた茨城空港です。
灰色の雲の上を飛んできましたが、こんなにいい天気になるとは。


茨城空港
タラップを降りて歩きます。


茨城空港
七夕の日で笹飾りがしてあります。


売店
バスの時間まで少しあるので、売店に行ってみました。


納豆あめ
もちろん、お土産も買います。
これは家に帰って撮ったものです。
2段パック「納豆あめ」432円でした。


バス
空港 10:00発の水戸駅直通バスに乗ります。
1,030円、40分で到着の予定です。


水戸駅舎
市内に入り、バスの窓から見ていたら、カラーのマンホールが歩道に並んでいました。
10時40分、JR水戸駅に着きました。
期待していたのですが、駅前はノンカラーの分のみしか見つけられず。

11:00発のJR常磐線上野行に乗ります。


車内
水戸駅で乗った時はまだお客さんは少なかったので、車内を撮りました。


友部駅ホーム
次は友部駅(ともべえき)で降りて、JR水戸線に乗り換えるのですが、友部駅の一つ手前の内原駅(うちはらえき)でまさかの信号待ち、友部駅での乗り換えは4分、その4分間は内原駅で動かず、止まったまま。

友部駅で降りたとき、乗ってきた列車を撮り、乗り換えの案内を聞きながら、隣のホームへ走ります。
次の列車が待っていてくれました。


車内
友部駅から乗り換えたのが、JR水戸線小山行です。
列車の車内、ブルーシートがきれいです。


小山駅ホーム
約1時間で小山駅(おやまえき)到着です。
乗ってきた列車が、折り返し友部駅に向かいます。


小山駅舎
小山駅舎です。
東北新幹線の駅でもあり、大きいです。

次はJR両毛線に乗る予定ですが、40分ほど時間があるので、駅前を探索します。


この記事のURL | 関東地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
出石の辰鼓楼と皿そば
2017/05/29(Mon)
出石町(いずしちょう)は、2005年に豊岡市、城崎町、竹野町などと合併し、新「豊岡市」になりました。
平成の大合併で町や村の名前ががずいぶん消えていったのではと思います。
出石郡出石町の方が、城下町の風情があっていいのになぁ。 
                            (2017.5.21 撮影)


車庫の扉
出石へ行くには、豊岡からバスが出ていますが、神戸からではちょっと時間がかかります。
今回は車で行きました。
駐車場の横が消防団車庫になっていました。
扉の絵がいいですね。


辰鼓楼
駐車場の前は大手前通りです。
出石城跡は大手前通りをまっすぐに進むとすぐです。
辰鼓楼(しんころう)が城の手前に見えています。


辰鼓楼
「辰鼓楼」
- 明治4年(1871)旧三の丸大手門脇の櫓台に、時刻を知らせる太鼓をたたく櫓として建設されました。後に大時計が寄贈されてからは、日本最古の時計台として親しまれています。 - パンフレットより


郵便局
辰鼓楼の前の「出石内町郵便局」です。
日曜日で閉まってますね。


旧出石町役場玄関車寄せ
城跡の前の広場にあった「旧出石町役場玄関車寄せ」です。


登城橋
登城橋です。


登城門
橋を渡り、登城門をくぐります。


出石城跡
石垣を横に見ながら、階段を上っていきます。


出石城跡
ここが二の丸跡です。


出石城跡
二の丸跡の広場から、本丸跡地に復元された隅櫓を撮りました。


谷山川
登城橋の下を流れる谷山川です。


有子山城跡看板
広場にあった有子山(ありこやま)城跡の案内看板です。
国指定史跡になっています。

出石城跡から登城路がありますが、40~60分ほどかかり、健脚向きとのこと。
で、今回は訪問は遠慮いたしました。


出石町内
出石は但馬(たじま)の小京都と言われています。
城下町らしい趣がありますね。


皿そば
そして、なんといっても皿そばです。
お店の名は「登城」、これは出石焼でしょう。


皿そば
出石手打ち皿そばは1人前(5皿)850円、追加1皿130円です。


皿そば
最後に熱い蕎麦湯を持ってきてくれますので、つゆと一緒に飲むんですが、これがまたおいしいです。


マンホール
出石のマンホールです。
辰鼓楼と旧出石町の花、テッセンがデザインされています。


この記事のURL | 兵庫県 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。