東京駅
2013/07/29(Mon)
東京駅、大きいです。
東日本旅客鉄道(JR東日本)と東海旅客鉄道(JR東海)そして東京地下鉄(東京メトロ)の駅になっています。
                            (2013.7.13~14撮影) 
  

  
東京駅名板
丸の内口の駅名板です。


東京駅
東京駅、駅名板に向かって左側の部分です。
赤レンガ造りの丸の内口駅舎は辰野金吾氏らが設計したもので、1914年に竣工、2003年に国の重要文化財に指定されています。



東京駅
こちらは右側になります。


東京駅前交番
右側の壁に沿って行くと東京駅前交番がありました。


東京駅前交番
交番を横から撮ったものです。


東京駅丸の内南口
交番の隣が東京駅丸の内南口です。


丸の内南口ドーム天井
丸の内南口から入るとドームになっていて、天井はローマのパンテオンを模したデザインになっています。
おしゃれですねぇ。



KITTE
JR東京駅の丸の内南口前に3月21日にオープンした「KITTE(キッテ)」。
旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した部分と新築部分からなっています。
「KITTE」というネーミングは、「切手」と「来て」2つの言葉に由来したものだそうです。



KITTE
「KITTE」の中に入ってみました。
地下1階から地上6階までの7つのフロアがあるようです。



スカイバス
駅近くのホテルでランチをしていた時、窓から見えました。
「Tokyo View From The Top」と書いてあります。2階建てです。
「スカイバス」、途中下車なしの車窓観光ができます。
コースは3つほどあって、皇居・銀座・丸の内コースだと大人1,500円、子ども700円で所要時間約50分だとか。
この次は絶対乗ってみたいです。


この記事のURL | | CM(6) | ▲ top
北条鉄道 法華口駅
2011/05/05(Thu)
法華口(ほっけぐち)駅は、兵庫県加西(かさい)市にある北条鉄道の駅です。
法華山一乗寺(いちじょうじ)への入口という意味があるようですが
ここからは5Kmほどあるとのこと、歩くのはちょっと遠すぎますかね。        
                         (2011.5.4撮影)



法華口駅
法華口駅
木造駅舎は、大正4年に開業した当時からのものだそうです。
旧海軍の鶉野(うずらの)飛行場跡も近くにあったので、たんぼにも空襲があったと
駅で会ったおばさまが教えてくれました。
駅は大丈夫だったんですねぇ。



法華口駅
駅舎のホーム側です。電柱も木製ですよ。


駅標
駅舎に掲げてある駅標です。
昔のものを消して上から書き直しているのがわかります。
(右から左に読んでいたのを、左から読むように訂正したんですね)



ホームの駅標
ホームの駅標です。


ホームの電話
昔はこの電話で連絡しあっていたのでしょうか。


田原駅
田原駅
法華口駅の隣の田原駅です。
車で探していたらこの駅を通りました。新しくてかわいい駅ですね。



駅標
田原駅標と電話が並んでいます。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
南海電鉄 浜寺公園駅
2011/04/18(Mon)
堺市にある、南海電鉄南海本線の浜寺公園(はまでらこうえん)駅は古い木造駅舎です。
1897年(明治30年)に浜寺駅として設置され、1907年(明治40年)に
現在の駅舎に建て替えられ、浜寺公園駅に名前も改められたそうです。
100年たっているとは思えませんね。
                           (2011.4.17撮影)



浜寺公園駅舎
「南海 浜寺公園駅」と看板に書いてあります。
平成10年に国の登録文化財になりました。「近畿の駅百選」にも選ばれています。



浜寺公園駅舎
正面の屋根窓や玄関の柱が洋風の雰囲気がありますね。


浜寺公園駅舎
松に赤いポストがはえます。


浜寺公園駅舎
正面向かって右側の建物は、「浜寺ステーションギャラリー」となっていました。
旧一・二等車待合室だったところです。(今日は休館日)



浜寺公園駅 石碑
駅前の石碑にルーツが記してありました。
~我が国近代建築の元勲といわれた、東京帝国大学工科大学学長、辰野金吾・片岡安博士設計により
建てられた洋風木造建築物である。~
初めてこの駅を見た人たちはびっくりしたことでしょう。



ホームの駅標
ホームの駅標です。


下りホーム
先ほど降りた下りホームには、小さな木造りの待合室があります。
向こう側の上りホームに駅舎があるとわかりました。



上りホーム
長い長い上りのホームでした。
白い木の壁が続いています。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JR神戸線 摂津本山駅
2011/03/13(Sun)
JR神戸線の摂津本山(せっつもとやま)駅は1933年(昭和8年)の完成だそうです。
もちろん木造駅舎です。
駅の前は石畳の道路になっています。
      (2011年3月撮影)



摂津本山駅
駅舎は線路をはさんで南北に二つあり、これは北側の方です。


ホームから地下道へ
地下道に降りてどちらかの出口に向かいます。


摂津本山駅(南)
これは南側の駅舎です。


古いレール
ホームの柱などに使われている古いレールです。
こんなに曲げられています。



古いレールの柱
レールの製造年でしょうか、「1908」の刻印が見えます。


摂津本山駅標
摂津本山駅標です。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログ始めました
2010/06/28(Mon)
退職して、デジカメで写真を撮るのが楽しくなり歩きまわっていました。
そしてだんだん鉄道に心ひかれるようになりました。
テレビでローカル線の映像をみるとうれしくてドキドキします。
今まで撮った電車や新幹線、風景の写真などを載せていきたいと思います。



JR神戸駅
まずは地元のJR神戸駅です。(2009年9月撮影)


山陽本線神戸駅
JR神戸駅ホームの線路脇にある標識。
東海道本線と山陽本線が終点、始点となるわけですね。(2009年9月撮影)



電車
神戸駅ホームに上りと下りの電車が停車中。(2009年9月撮影)


電車
上りの電車。(2009年9月撮影)


神戸駅を通過する貨物車
神戸駅ホームを通過中の貨物車。
機関車「桃太郎」がんばってます。(2009年9月撮影)



川崎重工工場の中の貨物機関車
兵庫運河の近くの川崎重工工場で見た「桃太郎」です。
何か修理だったのかな。(2008年10月撮影)


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |