岡山にて
2016/05/31(Tue)
久しぶりに岡山駅に降りてみました。
前回はマンホールの写真をあまり撮れなかったので、今回カラー版見つけたかったのですが…。
                               (2016.4.10 撮影)


自動販売機
JR岡山駅の近くにあった、自動販売機です。
岡山城と岡山県マスコットの「ももっち」、それに桃太郎にちなんだキャラクターの
「いぬっち」「さるっち」「きじっち」もいます。


めぐりん
岡山市中心部100円均一循環バス「めぐりん」
200円エリアもできたそうです。


めぐりん
平成24年7月20日に岡山市中心部 にて新規運行開始したとのこと。


桃太郎大通り
駅前の桃太郎大通りにはおさるさんの像があります。


交番
西川橋のそばにある交番です。
橋の欄干にもおさるさんが。


交番の屋根
で、屋根の上には「桃」?
さすが岡山県ですね。


岡山路面電車
路面電車です。


岡山路面電車
低床式路面電車、その名も「MOMO(モモ)」、う~んやりますねえ。
デザインはあの水戸岡鋭治氏です。


JR列車
JR岡山駅にラッピング列車が停車していました。


JR列車
「吉備之国 くまなく旅し隊(きびのくに くまなく たびしたい)」のロゴ。


JR電車
[発売期間]平成28年3月1日~6月27日
[利用期間]平成28年4月1日~6月30日までの連続する3日間という、
「吉備之国 くまなく乗り放題きっぷ」は大阪市内発着なら9,500円です。

往復こだま号+吉備之国フリーエリア内3日間乗り放題でとっても魅力的ですが
2名以上で申し込まないといけません。

お得なきっぷはだいたい2名以上とかが多いんですよね。
JRさん、少々高くなってもいいので、この2名という条件をはずしていただけないでしょうか。


この記事のURL | 中国地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
備前焼まつりに行ってきました
2015/10/24(Sat)
「備前焼まつり」は毎年10月第3日曜日及びその前日の土曜日に開催されます。
今年は10月17日・18日でした。
JR赤穂線伊部駅(いんべえき)周辺で開催されているので、いつか行きたいと思っていました。
                                  (2015.10.18 撮影)


乗り放題きっぷ
「鉄道の日記 JR西日本一日乗り放題きっぷ」3,000円です。
今年は使わないだろうなと思っていたのですが、18日まで発売中でしたので、朝買いました。
神戸~伊部まで普通で1,940円ですのでお得にはなってますが、
本来ならまだまだ遠くまで行きたいところです。


赤穂行き普通列車
神戸~姫路は新快速で37分。
乗っている間に、次の乗り継ぎの時間を時刻表で調べておきました。
姫路駅で播州赤穂行きに乗り換えます。


車窓より
相生から赤穂線に入り、坂越(さこし)までの間、車窓から見える田んぼのきれいなこと。
稲刈りの済んだところもありましたが、このあたりはまだのようでした。


岡山行き普通列車
姫路から32分ほどで、播州赤穂に着きました。
隣のホームに黄色一色の岡山行きが停車中、すぐの接続です。


車内
昔乗っていた故郷のジーゼルカーを思い出させる窓です。
開けて風を入れます。
もうすぐ伊部駅、なんだかにぎやかそうです。


JR伊部駅ホーム
ホームの駅名標の横にある、1/2と書かれた柱は何でしょうか。


JR伊部駅
JR伊部駅舎です。
大勢の方が集まっています。


まつり会場
駅前の道路を挟んだところには、グルメの会場でたくさんテントが並んでいました。


煙突
炎の里大通りです。
焼き物の町らしく、大きな煙突がありました。


お店
コーヒーカップ欲しかったのですが、重くなるしなと思いやめました。


お店
ここではかわいい小物がありました。
ストラップ、ペンダント、箸置きなどです。


ストラップ
買いましたよ、ストラップ。400円でした。


お店
こういう備前焼もあるんですね。
そういえば、かわいいお雛様も見ました。


伊部駅ホーム
帰りに赤穂で一度降りてみようと思い、早めに電車に乗ることにしました。
赤穂線上りのホームの大きなパネルです。


岡山行き列車
反対ホームに下り岡山行き電車が入ってきました。
岡山方面の方が乗車する人が多いようです。


伊部駅ホーム
黄色の岡山行きが停車しているところに、播州赤穂行きが入ってきました。
これに乗って帰ります。

この記事のURL | 中国地方 | CM(4) | ▲ top
尾道市の浄土寺
2014/04/13(Sun)
3月のウサギの島の帰りに尾道に寄った時のものです。
尾道市の浄土寺(じょうどじ)には国宝の多宝塔があるので見に行きたいと思っていました。
千光寺のサクラの後に、浄土寺まで行くことができました。
                           (2014.3.28 撮影)



浄土寺
山門を入ると正面に本堂があります。これも国宝です。
嘉暦2年(1327年)の建立です。



浄土寺
本堂の右手にある、阿弥陀堂と多宝塔です。
ちょうど寺の工事中で境内の中には車がたくさんとまっていました。



多宝塔
嘉暦3年(1328年)の建立の和様の多宝塔、国宝です。


多宝塔
落ち着いた赤い色の多宝塔ですね。


浄土寺
境内のサクラはまだちょっと早いようでした。


ポスター
境内に貼ってあったポスターです。


交番
JR尾道駅前の交番です。


交番
青一色の交番、よく目立ちます。

この記事のURL | 中国地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウサギの大久野島へ
2014/04/01(Tue)
広島県竹原市の休暇村大久野島は3年ぶりです。
前回は友人たちと18きっぷで、今回は山陽自動車道を通って行きました。
JR呉線の忠海(ただのうみ)駅近くの忠海港から船で渡ります。
島へは一般車の乗り入れはできません。
それで、忠海港の駐車場に置くか、フェリーに乗って島の駐車場に停めて置くかです。
                              (2014.3.27~28 撮影)



忠海港
忠海港です。
右端に見えるのは呉線の鉄橋です。



忠海駐車場
港の駐車場は満車の状態、フェリーで渡ろうかと思い切符売り場で聞きました。
「もうすぐ大久野島から客船が戻ってきますので、駐車場空くかもしれません。
フェリーは料金高いので、駐車場で待たれたらどうですか」とのことでした。
船に乗っている時間は15分ほどです。料金は大人片道300円。
車は無事停められました。



呉線列車
客船に乗るため桟橋で待っていたときに、呉線の電車が鉄橋を渡ってきました。
竹原方面行きです。



発電場跡
大久野島が目の前に見えるようになりました。
黒い建物は発電場跡のようです。



大久野島桟橋
大久野島の桟橋も見えてきました。
乗船場2番となっていました。



大久野島桟橋
乗ってきた「休暇村大久野島客船」です。


看板とフェリー
桟橋の横にりっぱな待合室もあります。
フェリーが着いたようです



フェリーと客船
盛~大久野島~忠海に行くフェリーでした。
ちょうど忠海から大久野島行きの客船も着きました。



海とウサギ
島に降りた途端、ウサギさんたちが目に入ります。


島のウサギ
暑いので、木陰でじっとしているウサギさんたちが多いのですが、
えさを持っているとわかると近寄ってきます。



島のウサギ
キャベツを1玉持ってきている人たちもいました。
えさも100円で売っています。


この記事のURL | 中国地方 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
尾道市千光寺公園のサクラ
2014/03/28(Fri)
大久野島(広島県)に行った帰りに、尾道の千光寺(せんこうじ)公園に行ってみました。
「サクラの名所100選」に選定されているところです。
                                (2014.3.28 撮影)


                          
シダレザクラ
千光寺公園駐車場の売店横のシダレザクラです。


千光寺公園
おのみち俳句まつりがちょうど開催されていました。
作品が掲示されています。



シダレザクラ
「ベニシダレザクラ」の石碑があったサクラです。
-日本三大サクラの一つに数えられ、国の天然記念物に指定されている、福島県三春町の「三春滝桜」の子孫樹です。-
皆さんが見ておられたので、上の部分だけのトリミングしたものになりました。



サル山
変わった塔があると思って近寄ってみたら、サル山でした。


サル
おサルさんが2匹だけ、あんパン食べてました。


シダレザクラ
サル山の隣にあったシダレザクラです。
名前は書いてありませんでした。



シダレザクラ
流れるような枝ぶりです。





市立美術館
サル山の向こうに市立美術館が見えます。
サクラの満開が待たれますね。



千光寺公園
公園の展望台近くから見える尾道港です。


サクラ
ソメイヨシノでしょうかね、まだ2分咲きくらいかな、まったく蕾だけの木もありました。


この記事のURL | 中国地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ