蹴上(けあげ)インクラインの桜
2017/04/30(Sun)
前回の京都の旅の続きです。
嵐電天神川駅で降り、地下鉄東西線に乗り換えて蹴上(けあげ)まで乗ることにしました。
                             (2017.4.16 撮影)


地下鉄太秦天神川駅
地下鉄の太秦天神川駅(うずまさてんじんがわえき)から、六地蔵行に乗って、蹴上で降ります。

  
トンネル(ねじりまんぽ)
蹴上駅を出てすぐのところにある「ねじりまんぽ」です。
歩行者用のトンネルで、くぐると南禅寺の方へつながり、またトンネルの上がインクラインになっています。


トンネル(ねじりまんぽ)
「ねじりまんぽ」って面白いですね。
トンネルの中のレンガを見ると、ねじったように積まれているんです。
それでねじりトンネル→ねじりまんぽなんですね。

「マンポ」というのは小さなトンネルや隧道のことで、滋賀県南部を中心に使われている呼び名だそうです。


導水管
トンネルをくぐってみたら、大きな管が見えました。
発電所までの導水管でしょうか。


インクライン
ここも桜の絨毯のようになっていました。


インクライン
風が吹くと花吹雪が。
写真の白い点は桜ですよ~。
実際はほんときれいなんですけどね。


インクライン
坂の一番上にきました。
インクライン運転の仕組みの説明がしてあります。

- 蹴上船溜から南禅寺船溜までは約582m、落差は約36mあるため、この間はどうしても陸送になりました。
インクラインはレールを4本敷設した複数の傾斜鉄道です。両船溜に到着した船が、旅客や貨物を乗せ換えることなく運行できるように考えられました。 - 案内板の一部より

船を乗せる台車は、ワイヤーロープを巻き上げて上下させていたそうですが、後に蹴上水力発電所による電力使用に設計変更されたそうです。


台車
レールの上に復元された台車があります。


疎水
橋がありますので、行ってみました。


大神宮橋
「大神宮橋」です。
この橋を渡ると、日向大神宮があるそうです。


インクライン
橋の上から撮っています。
写真奥の方が下り坂になっていて、南禅寺船溜がありました。


疎水
これも橋の上から撮っています。
写真奥に疎水のトンネルがあるのですが、カメラに入りませんでした。


疎水
橋の下を見ると、桜の花びらと一緒に泳いでいます。


インクライン
帰り道にインクラインの一番下、南禅寺側まで歩きました。



この記事のURL | 近畿地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大阪の四天王寺
2016/09/23(Fri)
「スルッとKANSAI 3dayチケット」で、大阪方面に行きました。
近頃は阪神なんば線に乗ることが多いのですが、
チケットに付いているエリアマップを見ながら、どこで降りようか考えます。

で、大阪市営地下鉄に接続している駅で降りようと降りたところが間違ってました。
地下鉄中央線に乗るには、九条駅で降りたらいいのですが、一つ手前の西九条で降りてしまいました。
ここはJRゆめ咲線に乗り換える駅でした。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまで4分です。

もう一度乗って九条駅で降り、地下鉄中央線に乗り換え、地図を見ながら、今日は四天王寺に行ってみることにしました。
                               (2016.8.27 撮影)


駅名標
大阪市営地下鉄谷町線、四天王寺前夕陽ケ丘駅の駅名標です。
谷町線のラインカラーは紫、いい色ですね。


四天王寺看板
地下からエスカレーターで地上に上がったところです。
四天王寺の看板がありました。


中ノ門
四天王寺の「中ノ門」から入ります。
地下鉄の駅から歩くと、この門が一番近いと思います。

四天王寺(してんのうじ)は大阪市天王寺区にある寺院です。
聖徳太子建立七大寺の一つといわれています。


四天王寺境内地図
広いです。
門もたくさんありますね。


石舞台と六時堂
「石舞台」と「六時堂(ろくじどう)」です。
どちらも重要文化財です。


西重門
「西重門」、中心伽藍にはここから入ります。
ミストシャワーが設置されていました。


受付前
「西重門」の前です。
受付があるので、ここで拝観料300円を払います。


工事案内
今は耐震改修工事中でした。


金堂と五重塔
「五重塔」と左側の建物、「金堂」です。


回廊
「中心伽藍の回廊」です。


極楽門
中心伽藍を一通り見て、出ました。
「西重門」の前にある「極楽門」です。


聖霊院(太子殿)
境内を歩きます。
「聖霊院(しょうりょういん)」がありました。
聖徳太子をお祀りしてあり、この一画は木造建築とのこと。


南大門
「南大門(なんだいもん)」からいったん外にでてみました。


南大門より
「南大門」の中から、「仁王門」、「五重塔」、「金堂」、「講堂」、「六時堂」と並んでいるところを撮りました。
といっても、奥の方は見えませんが。


仁王門
「仁王門」です。


仁王門
金剛力士が並んでいます。
この仁王門から、中心伽藍に入ることはできません。
西重門が受付となります。


唐門
「唐門(からもん)」です。
南大門の近くにあり、ここからも出入りできます。


唐門
そんなに大きくはないのですが、門扉には葵の御紋があり、上部には龍が彫られています。


石ノ鳥居
また境内に入りました。
「極楽門」をくぐり、「石の鳥居」から出て帰ることにしました。


この記事のURL | 近畿地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天保山公園と渡船場
2016/08/06(Sat)
大阪市営地下鉄の大阪港駅で降りて、天保山公園(てんぽうざんこうえん)に行ってみました。
住所は大阪市港区です。
                          (2016.7.31 撮影)


駅前の大通り
駅構内に「海遊館」と「天保山公園」までの案内図がたくさんあり、方向はわかりやすいです。
1番出口から出て、家族連れの方たちがたくさん歩いておられたので、後ろをついて行きました。


天保山マーケットプレース前
駅からだいたい5分でしょうか、天保山マーケットプレース前に到着です。
ロゴのキリンが立っています。
向かって左側に「海遊館」があります。


天保山公園
すぐそばに天保山公園がありました。


天保山大観覧車
公園の中から入口のほうを振り返ると、天保山大観覧車が見えます。
入口付近にいる人たちは、スマホを見ています。
ポケモンgoでしょうかね。


天保山公園
公園を取り囲むように高い防波堤が設けられています。
入口の防波堤には、歌川広重等による江戸期の天保山舟遊びを描いた浮世絵が、陶板に写されてはめ込まれています。


天保山公園
こちらも防波堤にはめ込まれた浮世絵です。


天保山公園
公園内に設置された灯ろうです。
「日本初の新婚旅行旅立ちの地」を顕彰しています。
明治維新の坂本龍馬が妻お龍と連れ立って、天保山から船で九州へ新婚旅行に出かけたとか。


天保山公園
明治天皇行幸記念碑です。(日本初の観艦式)


天保山頂上
標高4.53mの日本一低い山「天保山」です。

人工的に土を積み上げて作った山ということですが、
国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がります。

しかし、2014年4月9日国土地理院による調査が行われ、標高3mの山、 日和山 (仙台市) の認定により、2番目に低い山となったそうです。
ただし二等三角点のある山としては日本一低い山とのこと。

この日和山(ひよりやま)は以前は6mでしたが、津波により削られて3mになったとか。


渡船場案内
公園の海に面した遊歩道を歩いていたら、渡船場の案内がしてありました。


天保山渡船場
天保山渡船場(てんぽうざんとせんば)が見えました。



阪神高速道
上に見えるのは、阪神高速5号湾岸線の一部となっている、天保山大橋(てんぽうざんおおはし)です。
橋の中でもこの斜張橋は特に好きな橋です。


船の中
大阪市営の渡船で、歩行者及び自転車専用です。
無料というのもいいですね。


船の中から
天保山と対岸の此花区桜島を結び岸壁間400メートルを約3分で渡ります。
船の中から、大観覧車と赤い建物(海遊館)が見えました。


電柱
また地下鉄の駅まで歩いていたら、きれいな電柱を見つけました。
「イチョウ」は大阪府の木です。


マンホール
港区のマンホールもあちこちにありました。
大阪城と大阪市の木である「サクラ」が描かれています。


この記事のURL | 近畿地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぐるっとバスで平城宮跡へ
2016/06/09(Thu)
春日大社からぐるっとバスに乗って、近鉄奈良駅まで行くつもりでしたが、
一つ手前のJR奈良駅西口のバス停で降りました。

平城宮跡はへいじょうぐうあと、またはへいじょうぐうせきと読むようです。
                               (2016.5.8 撮影)


JR奈良駅前
JR奈良駅前の広場とバス停です。

平城宮跡ルートのぐるっとバスは、近鉄奈良駅の方からきますので、
ここで待っていた方がよかったです。


ぐるっとバス
ぐるっとバスが広場に入ってきました。


大極殿バス停
15分くらい乗っていたと思います。
100円支払って、大極殿で降りました。


大極殿
大極殿(だいごくでん)です。
平城遷都1300年の平成22年(2010)に復元が完成しました。


高御座
高御座(たかみくら)、天皇の玉座です。
ここは入場無料で、中にガイドさんがおられました。(多分ボランティアさん)


大極殿
大極殿を南側から撮ったものです。


大極殿
遺構にあった看板に、第一次大極殿と朝堂院(ちょうどういん)と書かれています。
写真奥に見えるのが、大極殿、かなり歩いてきましたね。
広場が朝堂院があったところです。


踏切
広場を南にずっと歩いて、近鉄奈良線の踏切まできました。
朱雀門(すざくもん)が見えます。


朱雀門
朱雀門です。


朱雀門
朱雀門の内側を撮ってみました。
朱色がきれいです。


朱雀門
朱雀門は平成10年(1998)に復元されました。
こちらが平城宮の正門になります。


朱雀門と大極殿
朱雀門から一直線に伸びたところに大極殿があります。


電車と大極殿
平城宮跡の中を走っている近鉄奈良線。


近鉄電車
近鉄2階建てのビスタカーが目の前を通って行きます。


ぐるっとバス
平城宮跡の近くの駅は大和西大寺駅になります。(徒歩15分くらい)
前回は大和西大寺から歩いたのですが、今日はぐるっとバスに乗ることにしました。

これが誤った選択でしたね。
循環バスなので、近鉄奈良駅まで遠回りをすることになり、
朱雀門発16:05分のバスが、近鉄奈良駅に着いたのが16:50分。

でも運転手さんがとても楽しい方で、観光ガイドをしてくれたんです。
ならまち、奈良ホテルのそばを通っていくので、よくわかりました。


近鉄奈良駅名標
近鉄奈良駅名標です。


近鉄電車
神戸三宮行の近鉄電車に乗ります。


電車内
車内です。
ロングシート、クロスシートの切換ができますね。
赤とグレーの配色が高級感があっておしゃれだと思いました。


この記事のURL | 近畿地方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
奈良の国宝 春日大社
2016/06/06(Mon)
「スルッとKANSAI 3dayチケット」を使って、奈良の春日大社(かすがたいしゃ)に行ってきました。
春日大社の本殿は国宝です。

また、平成10年12月には、春日大社や春日山原始林を含む「古都奈良の文化財」が、
ユネスコの世界遺産に登録されました。
                             (2016.5.8 撮影)


近鉄電車
近鉄奈良駅ホームです。
三宮発奈良行快速急行が奈良に到着、折り返し三宮行になりました。


バス乗り場
観光案内所で、春日大社ならぐるっとバスがいいと教えていただきました。


参道
ワンコイン100円のぐるっとバスで、近鉄奈良駅前から春日大社まで乗りました。(約10分)
バス停から春日大社参道を約10分上がっていきます。
石燈籠が並んでいます。


春日大社内侍門
春日大社、内侍門(ないしもん)です。-重要文化財-
西回廊に三つの門があり、これは一番北側の門になります。


回廊
回廊を順路通りに進み、砂ずりの藤棚の前から回廊を見たときのものです。
右側の茶色の建物は「直会殿(なおらいでん)」左は西回廊、どちらも重要文化財です。
釣燈籠に圧倒されました。


燈籠
直会殿の前の釣燈籠です。


境内
境内を進み、特別参拝入口で拝観料500円を払いました。
入口の横の手洗い場所です。


本殿
階段をあがると中門(ちゅうもん)、その奥に本殿(本宮)があります。


御蓋山浮雲峰遥拝所への順路
係り員さんのおすすめの通り、まず東回廊から御蓋山浮雲峰遥拝所(みかさやま うきぐものみね ようはいじょ)まで行ってみることにしました。


回廊
東回廊です。
南回廊に向かって進み、いったん外側の回廊に出て、東回廊を上がります。
遥拝所の写真は撮りませんでした。


春日大社中門
要所要所に順路の矢印が書いてある立札があり、その通りに進むと中門です。


移殿
移殿(うつしどの)、これも重要文化財です。

第60次式年造替のため、大神様は御仮殿(移殿)にお遷りになっておられます。
御参拝の皆様は、御仮殿(左側の御殿)にてお参り下さい。
尚、正遷宮は平成28年11月に行われます。
- と看板に書いてありました。


北回廊
御仮殿で参拝して、いよいよ最後の北回廊まで進みました。
藤浪之屋(ふじなみのや)とは、昔は神職の詰所でしたが、今は解放されています。



燈籠
暗室みたいな真っ暗な部屋に入ってびっくり、万燈籠が再現されていました。
目が慣れてくると、燈籠の灯りで歩けるようになりました。

2月の節分、8月14日・15日の年3回すべての燈籠に浄火をともす春日万燈籠が行われており、
この雰囲気を感じていただこうと、特別公開されているとのことでした。


春日大社南門
帰りは重要文化財の南門(なんもん)から出ました。
こちらが本宮の正門ですね。


境内
南門の近くで修学旅行生に会いました。
数十年前を思い出します。


ぐるっとバス
バス停で待っていると、ぐるっとバスがやってきました。

今から近鉄奈良駅まで戻り、平城宮跡に行ってみようと思います。

この記事のURL | 近畿地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ