国内唯一の乗り物、カーレーター
2017/01/06(Fri)
前回の続きです。
須磨浦山上遊園のロープウェイ鉢伏山上駅(はちぶせさんじょうえき)に到着。
次は「カーレーター」に乗ります。


「カーレーター」は1966年3月に開通、2016年3月で50歳になりました。
日本では、びわ湖バレイに続く2例目の導入でしたが、びわ湖バレイは廃止され、唯一残っています。
                          (2016.12.25 撮影)


カーレーター乗り場
「カーレーター」乗り場です。
二人乗りの小さなゴンドラが回っています。


カーレーター
親子連れやカップルが多い中、一人で乗りました。

「カーレーター」は車の「カー」とエスカレーターの「レーター」を組み合わせた造語で、
ベルトコンベアの上に、二人乗りのかご(ゴンドラ)を載せただけの構造です。

乗り場を発車してベルトコンベアに入るとき、ガタゴトと激しく揺れます。
この乗り心地の悪さで、お客さんも増えているとか。
かなり急な勾配ですが、ゴンドラは側面のレールにより、自動で水平に保たれるようになっているそうです。

初めて乗ったのは30数年前ですがが、揺れたことより落ちないかと心配したことを覚えています。


カーレーター山頂乗り場
長さ91mのところを、約3分で到着しました。
「カーレーター」山頂の乗り場です。


リフト乗り場
観光リフト乗り場がありますので、行ってみます。


リフト
全長268mの観光リフトです。


山上遊園
リフトで谷を渡ったところにはふんすいランド、サイクルモノレール等が設置された遊園地があります。


回転展望閣
リフトは乗らず、というか乗れず、「カーレーター」の山頂の乗り場前に戻りました。
須磨浦回転展望閣の建物があります。


ジュークボックス
1階のレストルームにあった、ジュークボックス。


ジュークボックス
ほかにお客さんたちがおられたので、 さすがに聴くのはやめましたが、なつかしい曲目がたくさん。
やはり1曲でも聴けばよかったかなぁ。


回転展望閣
屋上の展望台、360度の眺望が楽しめます。


明石海峡大橋
明石海峡大橋がかすんでいます。


カーレーター
帰りはまた「カーレーター」に乗りました。
動き始めて、ちょっとだけ上ります。


カーレーター
降り始めました。


カーレーター
昨年3月が開通後50年に当たり、ゴンドラ18台のうち1台をピンクに塗り替えたそうです。
「乗った人に幸運を」の願いが込められたゴンドラ、乗れなかったけどすれ違いました。


カーレーター
到着です。
次はロープウェイに乗って帰ります。


この記事のURL | ケーブル・ロープウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
須磨浦ロープウェイ
2017/01/04(Wed)
西明石で500系エヴァを見た後、山陽明石まで戻り、次は須磨浦山上遊園に行ってみることにしました。
ロープウェイ、そしてすごい乗り物があるんですよ。
                              (2016.12.25 撮影)


山陽電車
須磨浦公園で降りました。
隣のホームから、山陽電車普通姫路行が出ていくところです。


駅名標
須磨浦公園駅名板です。


須磨浦公園駅舎
改札口からいったん外に出て、隣のロープウェイ駅で切符を買います。
私はロープウェイ往復(大人900円)、カーレーター往復(300円)、回転展望閣入場料(100円)がセットになった「Bコース」の大人券1,200円を買いました。


ロープウェイ
ロープウェイ「やまひこ」に乗ります。


ロープウェイ
途中でもう1台の「うみひこ」にすれ違いました。


ロープウェイ
ロープウェイのゴンドラの中から見た須磨の海です。
ちょっとわかりにくいのですが、海岸沿いをJRの電車が走っています。


鉢伏山上駅の前
約3分ちょっとで鉢伏山上駅(はちぶせさんじょうえき)に着きました。
案内板があります。
ここから上って山頂に行けますが、今日の目的は乗り物、今から乗りに行きます。



須磨浦ロープウェイは、神戸市須磨区の鉢伏山にかかるロープウェイです。
運営は山陽電気鉄道の子会社である須磨浦遊園株式会社が行っています。

良く晴れていたので、ゴンドラの中から見える海の色がとても青くてきれいでしたが、
写真は光ってうまく撮れませんでした。


この記事のURL | ケーブル・ロープウェー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
六甲有馬ロープウェー
2011/08/30(Tue)
谷上駅で写真を撮ったあと、有馬温泉まで神鉄電車に乗りました。15分で着きます。
                             (2011.8.24撮影)



親水公園
有馬の温泉街を流れる有馬川です。
きれいに整備された「有馬川親水公園」を太閤橋の上から撮りました。



太閤橋
太閤橋です。


ねね橋
赤いねね橋です。ねね像がなぜか道の真ん中に立ってます。
車は通れませんということでしょうかね。



ロープウェー有馬温泉駅
駅から温泉街を15分ほど歩いてロープウェーの方まで行ってみました。
六甲有馬ロープウェー有馬温泉駅です。神戸市都市整備公社が運営しています。



有馬ロープウェー
六甲山と有馬温泉を直接結ぶロープウェーは、所要時間約12分、往復1770円です。
20分ごとに運転されています。



有馬ロープウェー
駅にしばらく停車してます。(もみじ号)


有馬ロープウェー
もうひとつの「こぶし号」が駅に入ってきます。


ループバス
神鉄の有馬温泉ループバスです。町の中を1回100円で運行しています。

この記事のURL | ケーブル・ロープウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸布引ロープウェイ
2011/08/11(Thu)
今年の4月1日より、「神戸布引ロープウェイ」(旧・新神戸ロープウェー)がリニューアルオープンしました。
昨春ハーブ園とともに神戸市外郭団体から神戸リゾートサービスに事業譲渡され、改修工事が進められたようです。
新しいゴンドラはスイス製ですって。
                     (2011.8.10撮影) 



ロープウェイ案内

新幹線新神戸駅に直結した、クラウンプラザホテル神戸の横を通ってロープウェイの駅まで行きます。


ハーブ園山麓駅
ハーブ園山麓駅(旧・北野1丁目駅)です。エレベーターか階段で乗り場まであがります。


すれちがうゴンドラ
ゴンドラの色の赤が緑に映えますね。


すれちがう旧ゴンドラ
リニューアル前の愛称「神戸夢風船」の新神戸ロープウェー、これは2009年5月に撮ったものです。


旧ゴンドラ
このときはロープウェーでハーブ園まで行きました。
眼下の街並みは神戸そのものだと思いました。



この記事のURL | ケーブル・ロープウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
摩耶ロープウェーと摩耶ケーブル
2011/05/24(Tue)
摩耶ロープウェーと摩耶ケーブルを合わせて「まやビューライン夢散歩」といいます。
灘区の摩耶山と麓を結ぶもので、神戸市都市整備公社が運営しています。
                                 (2011.5.18撮影)



摩耶ロープウェー「星の駅」
六甲ケーブル山上駅からシャトルバスでやってきました、摩耶ロープウェー「星の駅」です。


摩耶ロープウェー
料金はロープウェーとケーブル合わせて860円でした。
今からロープウェーで山を下りて行きますよ。



摩耶ロープウェー
上りとすれ違います。


摩耶ロープウェー「虹の駅」
5分でロープウェー「虹の駅」に着きました。
今度はケーブルに乗り換えです。


摩耶ケーブル「虹の駅」
摩耶ケーブル「虹の駅」です。
改修はされていますが、大正時代の建築らしいです。
寒い所ですが、がんばっているんですね。



摩耶ケーブル
駅ホームの摩耶ケーブルカーです。かなり急勾配ですよね。


摩耶ケーブル
上りのケーブルカーとすれ違います。


摩耶ケーブル
ゆっくり上って行くのでしばらくはながめることができます。


摩耶ケーブル駅
5分で摩耶ケーブル駅に着きました。
さあここから帰るにはどうしたらいいのか、とにかく広い道路に出ればバスもあるだろうと思い歩きました。


この記事のURL | ケーブル・ロープウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ