JRの電車に官兵衛ヘッドマーク装着されました
2014/07/16(Wed)
7月5日の神戸新聞で見た官兵衛ヘッドマーク、いよいよJRにも取り付けられることになりました。
山陽電車にはかわいい「かんべえくん」のヘッドマークが取り付けられていますので、JRにも付くかなと楽しみにしていました。
                                                 (2014.7.16 撮影)



10日に神戸駅まで行って撮りましたが、天気も悪くうまく撮れませんでした。
今日16日、曇り空が晴れてきたので急いで神戸駅まで。


新快速電車
新快速は15分に1回です。
ヘッドマークは新快速と快速に取り付けられているとのことでしたので、ひたすら待ちます。
私は上りホームで待っていたのですが、その間に隣の下りホームに2本ほどヘッドマーク付きの電車が通りました。
1時間後にやってきた上り電車、付いています。
最後尾の場所で待っているので、停車時間に撮れるはずです。
が、この電車、後ろには付いていませんでした。
あきらめて下りのホームへ行くことにしました。



新快速電車
上りが先頭部なら下りは後部と思い、今度も後部で待ちます。
するとすぐ入ってくる電車にヘッドマークが…。
おまけに官兵衛ラッピング列車です。



官兵衛ラッピング列車
官兵衛役の岡田さんの大きな写真、この前の日曜日の大河は高視聴率でしたね。


新快速電車
下り姫路行新快速電車が出発します。


ヘッドマーク
姫路市の「かんべえくん」と長浜市の「黒田官兵衛」、それぞれの市のイメージキャラクターをあしらった、ヘッドマークです。
両市の共同製作で、7月5日~11月30日まで、京阪神地域を運行する快速、新快速の15車両に取り付けられているそうです。



特急「はまかぜ」
待っている間に撮ったものです。
下り特急「はまかぜ」が神戸駅を出て行きました。




この記事のURL | JR | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「黒田官兵衛」ラッピング列車
2014/03/22(Sat)
ラッピング列車を見たくて神戸駅へ。
9日に出かけた時は40分ほど待っていましたが出合えず、あきらめて赤穂に行ったのですが
今日は1時間ほど待って、乗ることができました。(敦賀行きの新快速)
                             (2014.3.21 撮影)



JR近江今津駅標
JR湖西線(こせいせん)近江今津駅です。
車両を切り離すためしばらく停車します。



官兵衛ラッピング列車
神戸から乗ってここで降りて、写真を撮ることにしました。
乗っていたのは6号車で、前4両(12~9号車)が敦賀へ、後8両(8~1号)は回送車となります。



官兵衛ラッピング列車
降りて後ろの方へ行ってみます。
鮮やかです。



官兵衛ラッピング列車
おぉ~、官兵衛役の岡田さんの特大写真がデザインされてます。


官兵衛ラッピング列車
最後尾まできました。
車掌さんにたずねたら、この8両のラッピング車は
敦賀からくる列車にまた接続されて姫路まで戻るとのことでした。



官兵衛ラッピング列車
一番端からまた前の方へ戻ってみます。


官兵衛ラッピング列車
木ノ本・長浜エリアの画像です。
だんだん空が灰色になってきたなと思っていたのですが
急に雪混じりの雨が降ってきました。寒いです。



官兵衛ラッピング列車
黒田官兵衛博覧会大河ドラマ館(長浜市木之本)の画像ですが、長浜にあるんですね。


官兵衛ラッピング列車
ドアは兜のデザインになっています。


官兵衛ラッピング列車
車体の色が変わりました。
姫路エリアの画像です。
播磨国総社は、昨年20年に1度の三ツ山大祭が行われたところです。



官兵衛ラッピング列車
姫路エリア、書写山円教寺の画像です。


官兵衛ラッピング列車
こちらはひめじの大河ドラマ館です。


官兵衛ラッピング列車
鮮やかな金色のイメージから白と青のカラーになりました。


切り離しました
右側がラッピング車両の先頭、左側が今から敦賀に向かって出発して行く列車です。
敦賀まで行くと帰りが遅くなるので、次の下りの新快速を待つことにしました。
雨もやんだので、30分ほど駅を出てぶらっとしてみます。



「黒田官兵衛」ラッピング列車のエリアと期間が2月に発表されていました。(JR西日本より)
  京阪神:東海道・山陽本線・北陸本線(223系) - 3月6日から9月まで
  岡山:吉備線(キハ47)・赤穂線(213系) - 4月上旬から11月まで


京阪神の運転区間は網干~姫路~三ノ宮~大阪~京都~長浜間で
主に、新快速、快速電車として運行との発表でした。
駅で列車を待つときに網干と長浜発着の列車ばかり調べていたのですが
実際にやってきたラッピング列車は、播州赤穂発敦賀行きの新快速でした。
よくよく読むとちゃんと注釈が。
「車両運用の事情により、編成を変更したり他線区を運転することがあります」と。
そりゃあ、そうですわね。


この記事のURL | JR | CM(2) | TB(0) | ▲ top
山陽電車のヘッドマークとステッカー
2014/02/15(Sat)
神鉄電車の終点新開地で降り、乗り換えようと待っていたら、山陽電車の阪急三宮行きが入ってきました。
                                (2014.2.11 撮影)



山陽電車
阪急三宮は駅名が神戸三宮に変わりましたが、行き先表示は前と同じようです。


ステッカー
ヘッドマークはついていなかったのですが、側面に大河ドラマ館のステッカーが貼ってありました。


山陽電車
山陽電車のラッピング「官兵衛号」に乗って姫路まで行くため、梅田からくる列車を新開地で待つつもりでした。
が、時間があるので高砂まで行き、そこで待てば、マンホールの写真が撮れるのではないかと思い、姫路行き電車に乗りました。
高砂駅まで乗ってきた電車です。
今、姫路に向かって出て行くところです。



高砂駅標
山陽高砂駅標です。


高砂駅ホームのパネル
駅のホームに大きなパネルが貼ってあります。
高砂の「にくてん」おいしいです。お好み焼きに味付けしたジャガイモが入っているんですよ。



山陽電車
線路脇の道路から撮りました。
高砂駅を出て姫路に向かって走る山陽電車です。



山陽電車
同じ電車の後ろから撮りました。


駅前道路
駅前道路のフェンスに松の絵が描かれています。
左側の方にはブライダル都市高砂と描かれているんですが、写真に入りませんでした。



高砂市コミュニティバス
「官兵衛号」をホームで待っていた時、バスが目に入りました。フェンスに描かれていたのと同じ花のマークがバスにも描かれています。
これは高砂市のシンボルマークのようです。
バスは「じょうとんバス」というコミュニティバスでした。
「じょうとん」っておもしろいですね。
「尉と姥(じょう と んば)」にちなんだものだそうです。



高砂市マンホール
駅前のマンホールです。
中央は高砂市章、市の木の「マツ」がデザインされています。
40分ほどしか歩けなかったので、カラーは見つけられませんでした。





この記事のURL | 私鉄 | TB(0) | ▲ top
山陽電車のラッピングトレイン「官兵衛号」
2014/02/11(Tue)
神鉄の新開地駅で見かけたラッピングトレイン、梅田まで行ってまた姫路行きとなって戻ってくるのを待つことにしました。
他の用事で出かけていたのですが、こちらはキャンセルで。
                            (2014.2.11 撮影)



山陽電車「官兵衛号」
山陽電鉄高砂駅に入ってくる、直通特急姫路行きラッピングトレイン「官兵衛号」です。


車内
「官兵衛号」の車内です。
ずらりと官兵衛のポスターが下がってました。



山陽電車「官兵衛号」
姫路に着いたらすぐに窓を洗っていました。
今から折り返して阪神梅田まで運転します。



ラッピング

ラッピング
上の2枚はドアのラッピングです。


ラッピング
電車側面のラッピングです。
妻鹿城(めがじょう)のあった国府山の麓までは、妻鹿駅から歩いて10分ほどです。



ラッピング
電車側面のラッピングです。
廣峯神社(ひろみねじんじゃ)は広峯山山頂にある神社で、官兵衛の祖父重隆の代に、廣峯神社の御師(おし)が配る神符(おふだ)とともに黒田家秘伝の目薬を売って財を蓄え、黒田家発展の基礎を築いたといわれています。



ラッピング
これも側面のラッピングです。
書写山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)は姫路市書写山にある寺院です。
三木城の別所長治の離反により、別所と毛利にはさまれた秀吉に、官兵衛が書写山圓教寺に本陣を移すよう進言。
秀吉は無事苦境を乗り切ったそうです。



ラッピング
姫路城。
大河では、今ちょうど官兵衛が姫路を守るのだと闘っています。
大事に守ってきた城を、惜しげもなく君主に献上するとは、さすがです。



ラッピング
先頭車は官兵衛がラッピングされています。


山陽電車「官兵衛号」
直通特急「阪神梅田」行き電車です。
山陽姫路を発車します。こちらは後部になります。



この記事のURL | 私鉄 | TB(0) | ▲ top
山陽電車の「かんべえくん」ヘッドマーク
2013/12/22(Sun)
大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映を前に、ヘッドマークが山陽電鉄の車両に取り付けられました。
阪急三宮駅名が今日までだったので、その写真を撮りに行ったのですが、「かんべえくん」ヘッドマークに会えました。
                              (2013.12.20 撮影)



山陽電車
新開地駅ホームに停車中の、阪急三宮行きの山陽電車です。
これに乗って行きます。



ヘッドマーク
「かんべえくん」ヘッドマークです。
こちらは後部で姫路側になります。



山陽電車
終点阪急三宮駅に着きました。
こちらは先頭部、梅田側です。
この「阪急三宮」の行き先表示も、ホームの駅名標示も今日でお別れです。



ヘッドマーク
「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」のヘッドマークです。
同館ロゴの「合子形兜(ごうすなりかぶと)」が描かれています。



山陽電車
阪急三宮駅ホームの姫路行き電車です。
こちらは後部、今から発車します。



阪急電車
阪急三宮駅ホームの、梅田行きの阪急電車です。
この駅標も今日限りです。
ニュースで何度も流れていたのですが、取り換えは21日の午前0時過ぎに行われたとか。
そりゃそうですね。


この記事のURL | 私鉄 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ