南極の風を感じに第4突堤へ
2017/09/27(Wed)
南極観測船「しらせ」が22日に神戸港に入港、25日の午前10時に出港の予定と新聞で見ました。
行けるのは24日の日曜日しかないので、用事を済ませて、4時過ぎから行ってみました。

ただ第1突堤とばかり思っていたので、神戸駅の方から歩いてたどり着いたけど、船はなし。
人に聞いて、わかりました。
「しらせ」は第4突堤で、ここから歩いても1kmはあるよ。
ポートライナーに乗ればいいのに~と言われました。
ポートライナーの駅はメリケンパークの近くにはありません。
歩くことにしました。
                              (2017.9.24 撮影)


しらせ
神戸市中央区、神戸港新港第4突堤に寄港中の「しらせ」です。
5時過ぎています。
神戸駅から歩いて約50分かかっていました。

白い制服の船員さんが、もう見学は締め切っているので、上の送迎デッキから見るといいですよと教えてくれました。

見学は申し込んでいないので、どちらにしてもできませんけどね。


しらせ
大きいですね。
工場のようです。


しらせ
見学を終えられた方たちが降りてきています。


しらせ
船尾の方を撮っていたら、人の影が映っていました。
ちょうど日が落ち始めたときで、一番左が恥ずかしながら私です。


神戸ポートターミナルビル
送迎デッキからビルの中に入ったところです。
ここから外に出て、しらせを撮ってみようと思います。


歩道
ポートターミナルビルの前から、ポートアイランドへの歩道に入ることができます。


神戸大橋
歩道の右側は車用の神戸大橋、左側はポートライナーが走るポートピア大橋です。
神戸大橋は両方に歩道があります。


しらせ
歩道の上からだと、しらせの船尾の方の写真が撮れます。
旗を降ろしているようです。


しらせ
終わりました。
扉も閉まっています。


港
神戸港に日が沈みました。
向こう側の歩道を人が通っています。


港
これも神戸港です。
向こうの歩道にいたら、きれいな夕焼けも撮れたかもしれません。


ポートライナー
ポートターミナル駅から三宮に向かうライナーです。
帰りはもちろんポートライナー~JR~神鉄で帰ることにします。

この記事のURL | 街の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸帆船フェスティバル
2017/08/02(Wed)
神戸開港150年記念事業の一つとして、2017年7月15日~17日に、神戸港で帆船フェスティバルが開催されました。
国内外の帆船が神戸港に集結。帆船パレードの観覧や船内一般公開、セイルドリル、夜間イルミネーションの点灯など、多彩なイベントがありました。
場所は、かもめりあ、中突堤、新港第1・2突堤と周辺海域です。
                               (2017.7.16 撮影)


咸臨丸
ハーバーランド対岸に神戸メリケンパークオリエンタルホテルがありますが、その横に「咸臨丸(かんりんまる)」が停泊中でした。

「咸臨丸」は1857年に江戸幕府がオランダに発注した「咸臨丸」の復元帆船。
うずしおクルーズ船です。
今回は淡路島から来てくれたんですね。


Ami
かもめりあ前の桟橋に停泊中の「Ami」です。
2本マストで縦帆7枚・横帆1枚を持つトップスルスクーナー型帆船。

こちらは、駿河湾静浦港を母港として西伊豆を中心に活動されているそうです。


ポートタワー
ポートタワーの上に「海難0」の旗が掲げられています。
一番上の旗は「神戸開港150年」の旗と思うんですが、ズームを使って撮ってもこれくらいにしか写りません。

全国海難防止強調運動は、7月16日から31日までの16日間、「海難ゼロへの願い」をテーマに官民の関係者が一体となって展開する海難防止の全国運動です。


「みらいへ」と「海王丸」
ハーバーランドからメリケンパークへと歩きました。
メリケンパークの対岸は新港第1突堤で、写真左の「みらいへ」と右の「海王丸」が停泊しています。
近くに見えても結構遠いです。


看板
帆船フェスティバルの看板です。


「みらいへ」
新港第1突堤に着きました。
手前に「みらいへ」が停まっています。


「みらいへ」
帆が少し張られています。


旗
開港150年記念の旗です。


「みらいへ」
帆が全部張られたところです。

「みらいへ」は元大阪市の「あこがれ」。
現在は神戸船籍で海事人材の育成に貢献。


海王丸
「みらいへ」の先には「海王丸」が停泊しています。
どうやら、今からセイルドリル(帆を張る訓練)をするようです。


海王丸
これは一般公開している練習船の「大成丸」からセイルドリルの様子を撮ったものです。
マストに学生さんたちが上っているのですが、写真ではよくわかりません。


海王丸
高いところで準備をしています。
ここにも開港150年記念の旗が。


海王丸
帆を張る訓練中です。


海王丸
訓練終わり。
帆が張られました。

「海王丸」は二代目、船員教育訓練以外に海洋教室や体験航海で一般市民も乗船できる。
船首像は「紺青」


海王丸
これはしばらくして、メリケンパークに戻った時に撮った「海王丸」です。
帆が順番にたたまれていくところです。


星雲丸
「星雲丸」も「大成丸」と同じく、海技教育機構の練習船です。
これには乗船はしませんでした。

新港第2突堤に停泊中の「パラダ」が見えます。


「コリアナ」
新港第2突堤に停泊中の「コリアナ」です。

「コリアナ」は、4本マストのスクーナー型帆船で、韓国唯一のセイルトレーニングシップ。


「パラダ」
「コリアナ」と並んでいる「パラダ」です。

「パラダ」は1989年に建造された練習帆船で海技学校や水産学校の学生の研修船。
ロシアの船です。


「オーシャンプリンス」
「オーシャンプリンス」が港に戻ってきていました。

「オーシャンプリンス」は神戸港で就航する帆船型遊覧船。


15日の入港セレモニーで、帆船パレードや歓迎放水、歓迎演奏があったのですが行けませんでした。
日本丸も入港していましたが、昨日夜に市内の中学生を乗せて東京晴海ふ頭へ出港しました。

今日16日は、御影地区のだんじり5基が練りまわしを披露するときいていたので、ほんとはそれを見たかったのですが、帆船を見ていたので、結局間に合いませんでした。

この記事のURL | ハーバーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リニューアルしたメリケンパーク
2017/05/08(Mon)
神戸開港150年を契機に、平成27年度よりリニューアル工事を進めていたメリケンパークですが、日曜日に行ってみました。
1月に来た時に、工事中の看板に4月完成の予定と書かれていましたので、とっくにできあがっていますね。
リニューアル完成式典は4月5日(水曜)、行われたようです。
                             (2017.5.7 撮影)


バナー
神戸駅から海の方へ向かうとまずハーバーランドに出ます。
神戸ハーバーランドは平成4年にまち開きをしてから今年で25周年を迎えました。
バナーの下は新しい「ロゴ」です。


中突堤中央ターミナル
ハーバーランドから海を見ながら歩くと、中突堤中央ターミナル(かもめりあ)とポートタワーが見えてきます。


ポートタワーの鯉のぼり
ポートタワーの上には鯉のぼりが泳いでいました。


メリケンパークの広場
道路を横切って、メリケンパークに着きました。

広場には「PORT OF KOBE」の文字と、神戸港の開港を表す「1868」の数字が濃いグレーのブロックを使って描かれています。
平面ではよくわかりませんね。


モニュメント
新しいモニュメントもできていました。

-「BE KOBE」は、阪神・淡路大震災から20年目の2015年、「人のために力を尽くす」という市民の熱い想いを集めて生まれたメッセージです。「市民が神戸市民であることを誇りに思う気持ち」を表しています。-案内板の一部より


銀河丸
対岸の新港第一突堤には練習船、「銀河丸」が停泊中でした。


完成予想図
これは、今年の1月に設置してあった看板に貼ってあった、完成予想図です。


スタバ
スタバ、できています。
4月21日にオープンしたそうですが、なんと西日本最大級、かつ関西エリアで初となる公園内店舗として出店とか。

そしてたくさんの人が並んでいます。


芝生広場
芝生広場は今養生中です。


マンホール
1月の工事中の時に、フェンス越しに撮ったマンホールです。


マンホール
蓋が新しい神戸らしいものになるのではと期待していました。
同じでした。

マンホール
これはこれで新しい蓋ですね。

この記事のURL | ハーバーランド | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鳴門海峡の渦潮クルーズ
2017/03/21(Tue)
神戸淡路鳴門自動車道の明石海峡大橋を渡り、淡路島サービスエリアに寄ってみました。
そこで配られていた「2017春 淡路島ワンダーランド」のチラシを見て、「うずしおクルーズ」に行くことに。

この期間中は(3/18~4/9)は通常1,000円の小学生の乗船料が無料とのことです。
大人2,000円が今日ここで買えば1,800円とのことで、早速購入しました。
                              (2017.3.19 撮影)


福良
「うずしおクルーズ」は、道の駅 福良(ふくら)がある福良港から出航します。
写真右側に少し写っている灰色の建物が「淡路人形座」です。


咸臨丸
渦潮観潮船「咸臨丸(かんりんまる)」に乗ります。


出航見送り
桟橋から見送っていただきました。


咸臨丸船内
ゆっくり港を出ていきますが、カモメが飛び回っていました。
ちょっと船で一休みですかね。


咸臨丸船内
咸臨丸は、日本の船として初めて太平洋を横断した蒸気帆船・咸臨丸をモデルに復元した観潮船です。
船内には、咸臨丸の船長・勝海舟ゆかりの品々や、航海記を展示する資料館があります。

「鳴門海峡のさかなたち」のコーナーもありましたよ。


大鳴門橋
大鳴門橋(おおなるときょう)が見えてきました。
パノラマにしてみたんですが、小さくてわかりにくいです。
写真左側が徳島県鳴門市になります。


大鳴門橋
まだ海は静かです。


大鳴門橋
橋をくぐりますとのアナウンスがありました。


大鳴門橋
橋の真下に入りました。


大鳴門橋
くぐり抜けたところです。


渦潮
渦が見え始めました。
海面がざわざわっとしています。


渦潮
あまり大きな渦にはなっていませんね。


渦潮
クルーズは約60分なので、そろそろ引き上げる時間になったようです。

大きな渦を見ることができなかったお客様は、船内にビデオを用意しておりますのでどうぞ…のアナウンスがあり、寒い甲板から船室に入り、ホッとしました。

鳴門海峡は渦が巻いている時と、そうでない時があり、チラシに見頃な日と時間も表記してありました。
私が乗った船は〇の印で、次の船は◎の印になっていたのですが、後で帰ってくる船を見ていたらたくさんの人でしたので、よかったかなと。


咸臨丸
咸臨丸が次のお客さんを乗せて出航していきます。


日本丸
咸臨丸の後の船の「日本丸」です。
港に戻ってきました。

この記事のURL | 兵庫県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海上保安大学校の練習船「こじま」
2017/01/24(Tue)
前回の記事の続きです。
中央区の京橋を渡り、新港町の方へ行きます。
海のにおいがしてきました。
                           (2017.1.11 撮影)


新港第1突堤案内標識
新港第1突堤に向かいます。

すれ違ったおばさまが、「今練習船が停まってるよ」と教えてくれました。
「昨日、見学会やったけど、行かれへんかったから、今みてきたわ」とも。

帽子とリュック、カメラぶら下げているから、どこかの旅行者に見えたのかも。
お礼を言って進みます。


練習船「こじま」
第1突堤が工事中の時は、見学会の時を除いて、停泊中の船に近寄ることはできませんでした。
いつもフェンスの外から見ていたものです。

第1突堤がきれいに整備されてからは、初めてきました。


練習船「こじま」
海上保安大学校の練習船「こじま」です。


練習船「こじま」
「こじま」の中央部分です。


練習船「こじま」
長さ115mあります。
後ろまで歩いてきて撮りました。


ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン
新港第1突堤の先端は遥か彼方ですが、新しい建物もできていることだし、行ってみることにします。


ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン
「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」結婚式場です。


ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン
建物の一番端は、チャペルのようです。
中から見ると、真正面が海になりますね。


「こじま」と温泉「蓮」
第1突堤の端から振り返ったところです。
練習船「こじま」の前は神戸みなと温泉「蓮(れん)」です。


温泉「蓮」
この、神戸みなと温泉「蓮」は2015年12月17日にオープンしました。
天然温泉掛け流しの旅館で日帰り温泉も楽しめます。

日帰り温泉入館料は平日2,300円、土日祝日は2,700円で、中学生未満は利用できないようです。

もう少し安くしてほしいです。
手ぶらで行って温泉に入ることができるので、ま、いいですけどね。


「連」の庭とシャトルバス
「蓮」の日本庭園と無料シャトルバスです。
各線三宮駅と神戸みなと温泉「蓮」間を走ります。


工事中のメリケンパーク
帰りはメリケンパークの方へ行ってみました。
今工事中です。


メリケンパーク完成予想図
メリケンパーク完成予想図です。


ポートタワー
ポートタワーのお正月飾りです。


この記事のURL | 街の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ