山陽電車の万灯祭のヘッドマーク
2017/08/28(Mon)
高速神戸駅で「万灯祭」ヘッドマークを付けた山陽電車に会いました。
昨年のヘッドマークとは少し違っていました。
                           (2017.8.27撮影)


山陽電車
今年のたかさご万灯祭(まんとうさい)は9月16日~17日です。
高砂市高砂町が兵庫県の景観形成指定地区に指定されたのをきっかけに平成19年から始まったイベントです。

約6Kmの路地キャンドル、会場内の歴史的な建物など8箇所の建物ライトアップなどのイベントが2日間行われるとか。
キャッチコピーは「一年に一度、星が降りてくる街へ・・・」


ヘッドマーク
ヘッドマークです。


ステッカー
ドア横のステッカーです。


ステッカー
こちらもドア横に張ってあります。


この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山陽電車「 Meet Colors! 台湾」号ラッピング車
2017/07/11(Tue)
前回の続きです。
台風がもうすぐこちらに来そうな空模様だったので、山陽明石駅で降りて帰ることにし、大阪方面行のホームで待っていました。                               (2017.7.4 撮影)  

                       
sannyoutaiwann1.jpg
ホームの電光掲示板に「台風3号の影響により、電車の遅れや運転を見合わせる場合がある…」などと流れています。

                              
sannyoutaiwann2.jpg
山陽明石駅ホームです。


山陽電車台湾号
そして入ってきたのが、この電車です。
正面の色とヘッドマーク、もしかしたらと今日二度目の出会いに喜びました。
                          
ラッピング列車「Meet Colors! 台湾」号です。

山陽電気鉄道が6月5日から運行しています。
台湾観光局が展開している観光プロモーション「カラフルな台湾を探しに行こう! Meet Colors! 台湾」の一環で、初日は出発式なども行われ、新聞のニュースで見ていました。


山陽電車台湾号
電車側面のラッピングですが、動いているのでうまく撮れません。


山陽電車台湾号
このドアから乗ります。


山陽電車台湾号(車内)
車内です。


山陽電車台湾号(車内)
車内もドアの部分を車外と同様に装飾してあります。


山陽電車台湾号(車内)
同じく車内ドアです。
きれいですね。


山陽電車台湾号(車内)
車内の中づりで、観光プロモーションのメインビジュアルを掲出しています。


すれ違う阪神電車
途中、姫路方面行の阪神電車とすれ違いました。
雨もだんだんひどくなっています。


山陽電車台湾号
阪神梅田行直通特急が新開地に着きました。
ここで降りて、神鉄に乗り換えます。


ヘッドマーク
出発する前にヘッドマーク撮りました。


山陽電車台湾号
側面のラッピングです。


山陽電車台湾号
同じく側面のラッピングです。


山陽電車台湾号
側面の窓横は、ステッカーでしょうかね。
いよいよ出発していきます。


山陽電車のホームページを見たら、運行時刻表が出ていました。
なかなか偶然の出会いが少ないので、調べていくのもいいかもですが、どちらかというと偶然を期待ですね。



この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「山陽電車創立110周年記念号」ラッピング車
2017/07/06(Thu)
台風が長崎に上陸した日、用事で東灘の方へ出かけていました。
関西も雨が激しくなりはじめ、早く帰ろうと高速神戸駅ホームに降りていたら、入ってきた電車がラッピングされています。

一番後ろの写真を撮ったものの、側面のいろんなラッピングを見るためには、このまま姫路まで行くしかないなと思いました。
で、いつもの新開地では降りず、乗り続けたものの…。
                            (2017.7.4 撮影)


山陽電車
高速神戸駅ホームに停車中の姫路行山陽ラッピング車です。
後部(梅田側)を撮って、急いで乗ってはみたものの、隣の新開地で降りるのはあまりに惜しいと考えました。


ヘッドマーク
ヘッドマークです。
この列車は、山陽電鉄の会社創立110周年と、子会社である須磨浦ロープウェイが、9月18日に開業60周年を迎えることを記念して運行されるとのこと。

7月2日から運行ということは、今日は2日目だったということですか、ラッキーでした。


車内
車内です。
創立100周年を迎えた、2007年からの10年間の歴史を振り返るポスターが展示されています。


明石大橋
この路線は、海が見え始めると景色がまさに絵葉書のようなのですが。

明石大橋が見えています。
台風近づいているのでしょうか。


山陽電車
山陽明石駅でとうとう降りました。
電車の遅れもあるようで、もし帰られなくなったら大変ですので。


山陽電車
姫路側先頭部です。
うみひこ、やまひこは須磨浦ロープウェイのゴンドラの名前です。


山陽電車
中間車側面のラッピングです。
後ろに向かって歩き始めたのですが、もう出発です。


山陽電車
姫路に向かって出ていきます。

側面には、姫路城、好古園(こうこえん)、明石海峡大橋など、沿線の観光名所が描かれています。


この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
姫路から網干(あぼし)へ
2017/04/07(Fri)
姫路から姫新線に乗ってみようと出かけたのですが、家を出るのが遅くなってしまいました。
いったん姫新線の列車に乗って時刻表を見ていたら、乗り継ぎがうまくできないことがわかり降りました。
計画変更して、網干方面に行ってみることにしました。
                             (2017.4.4 撮影)


姫路駅ホーム
JR姫路駅姫新線のホームに停車中の播磨新宮行列車です。
播磨新宮で乗り換えて、佐用、上月方面に行きたかったのですが、時間的に本数が少なくあきらめました。


駅のホームより
ホームから、はるか彼方に姫路城が見えます。


JR姫路駅
JR姫路駅舎です。
今から山陽電車に乗ります。


駅前から見える姫路城
駅前からまっすぐ伸びた大手前通です。
白い姫路城が見えます。


姫路市大手前通
歩道には、姫路城をデザインした新しいマンホールがありました。


ループバス
姫路城周辺を周回しているレトロ調ボンネット型バス『城周辺観光ループバス』です。
大人100円、小人50円は安いですね。


バス
姫路城がラッピングされた神姫バスです。


バス
こちらにも姫路城がドアのところに描かれています。


山陽姫路駅
山陽姫路駅ホームです。
山陽網干まで行くには、姫路から三宮方面の電車に乗り、飾磨駅(しかまえき)で乗り換えです。


山陽飾磨駅ホーム
飾磨駅ホームです。
飾磨~山陽網干間を走る電車に乗ります。


山陽網干駅ホーム
山陽網干駅に到着しました。
ここは姫路市です。

うろ覚えでしたが、網干駅前から室津方面行のバスが出ていると思い、バス停に行きました。
が…、1時間~2時間に1本で、こちらも姫新線同様に昼の時間帯は少ないようです。


網干駅前の交番
駅の隣の交番で御津町まで歩けないかと聞きました。
「いやぁ、遠いですよ。町の中心まで4~5キロありますからね」とのこと。
姿を見て、とても無理だと思われたのでしょう。

今はたつの市になっていますが、旧 揖保郡 御津町(いぼぐん みつちょう)のマンホール、見たかったなぁ。


サクラ
また姫路まで引き返すことにしました。

電車の時間まで、駅の近くの「三石天満神社(みついしてんまんじんじゃ)」に行ってみます。
サクラ、まだちょっと早いようです。


この記事のURL | 兵庫県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山陽電車で明石へ
2016/12/27(Tue)
「スルッとKANSAI 3dayチケット」の最後の1日分で、明石方面に行ってみることにしました。
新幹線西明石駅に行くためには、山陽明石でJRに乗り換え、西明石まで行きます。
スルッとKANSAI カードでJRにも乗れたらいいんですけどね。
                             (2016.12.25 撮影)


山陽明石駅標
山陽明石駅ホームです。
写真奥の方はJR明石駅ホームですが、暗くてわかりにくいですね。


阪神電車
乗ってきた阪神電車(乗り入れしている直通特急)が姫路に向かって出ていきます。


山陽電車
こちらは山陽の普通電車です。
同じく姫路行が出ていくところです。


0キロポスト
ホームにあった「0キロポスト」。
山陽電鉄本線の起点は西代駅(にしだいえき)のはずですが、なぜこんなところにあるんでしょう。

昔、明石駅以東は兵庫電気軌道、以西は神戸姫路電気鉄道により開業し、
電力会社の宇治川電気の下で合併して直通運転を開始したそうです。(昭和2年)
それで「0キロポスト」が残っているんですね。

北側のJR明石駅ホームからは明石城が、南側の山陽明石駅ホームからは海と淡路島が見えますよ。


JR西明石駅ホーム
JR明石駅から西明石駅まで1駅乗り、降りました。
新幹線が在来線の上を通っています。


入場券
新幹線乗り場まで行き、いったん在来線を出て入場券を買いました。
在来線の改札を通り、続いて新幹線の改札を通りましたが、120円でいいのですかね。
新神戸駅では入場券140円でした。


新幹線西明石駅構内
新幹線西明石駅は停車する列車も少ないためか、お客さんもあまり多くありません。
今からホームに上がり、列車を待ちます。



この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ