スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
世界一のクリスマスツリー
2017/12/07(Thu)
神戸開港150年目を記念して生木のクリスマスツリーにするため、11月17日に高さ約30mの巨木が設置されるとの記事を見ていたのですが、その日は用事で行けませんでした。

富山県氷見市から運ばれたアスナロの木で、推定樹齢150年、重さ約24トンとか。
場所はメリケンパーク、巨木もですが、それを吊り上げるクレーンも見たかったです。

見に行った日はあいにくの曇り空、とうとう雨粒も落ちてきて残念でした。
                              (2017.12.4 撮影)


メリケンパーク
ハーバーランドから中突堤中央ターミナル(かもめりあ)の前へ来ました。
好きな光景が広がります。


メリケンパーク
ポートタワーの下を通り、道路を横切ったところです。
メリケンパークの入り口になるのかな。
どこからどこまでがハーバーかメリケンか、いまだによくわからないのですが。

ツリー見えてます。


広場
広場の海のそばにどんと立っていました。
遠目にも大きいなと思います。


オーナメント
メッセージオーナメントを、書かれた皆さんが結び付けていました。
1枚500円。

12月2日~26日のイベント期間中にオーナメントを取り付けて、ツリーを飾ります。
オーナメントは反射材を使い、自然光できらきらと輝くものです。
電飾じゃないところがいいですね。


ツリー
茶色のモザイク調の鉢は、根に土をかぶせて固定しているそうです。
展望台に人が上がっていました。


ツリー
白い紙はお祓いでしょうか。


展望台への階段
展望台は有料で一人500円でした。
早速上がってみます。


ツリー
木の名前は「鼓動の樹(こどうのき)」。
触ってみたけど、何も感ぜず。


ツリー
見上げたら、う~ん確かに高いです。
カメラには入りません。


展望台から降りる階段
展望台から降りる階段は、上りと違って鉢の中を通るので暗いです。


横断幕
海のそばには大きな横断幕が掲げられていました。
対岸には「帆船 海王丸」が停泊中ですが、幕と帆船は一緒に撮れませんでした。


光のトンネル
広場には「空中植物と光のトンネル」というものがありました。


メリケンシアターの石碑とツリー
メリケンシアターの石碑の向こうにツリーが見えます。


メリケンシアター
石碑の横には、高さ3m、横幅4mの大きな石をスクリーンに見立てたものが置いてあります。
その前の石は、映画スターの名前が刻まれた42個の御影石です。

国内外の有名映画スターは、神戸出身の評論家・故淀川長治氏により選ばれました。
「ジェームズ・ディーン」「オードリー・ヘップバーン」「長谷川一夫」「三船敏郎」さん等々が刻まれています。


スポンサーサイト
この記事のURL | 街の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸の街を走った連節バス
2017/08/04(Fri)
今神戸では「神戸開港150年記念 海フェスタ神戸」が7月15日~8月6日まで開催中です。
前回の記事の神戸帆船フェスティバルもその事業の一つでした。

イベント会場への移動に便利な特設交通機関として、無料シャトルバス、そして連節バスも運行されたんです。
16日、帆船見物の帰りに、海岸通でまさかの連節バスを見たときは、偶然に感謝しました。
                            (2017.7.16 撮影)


連節バス
メリケンパークから海岸通りに出て、交差点で待っていたら、連節バスが走っていました。
今から新港町の方へ行くようです。
交差点を曲がるときに撮れないかなと思ったのですが、大勢の人で動かれず、ま、1枚撮れたからこれでよしとしたのですが…。


連節バス
ところがです、ポートタワーの近くまで戻ってきたところで、またあいました。
「オレンジアロー 連 SANDA」号 (おれんじあろー れん さんだ)
平成25年より、神姫バスが導入している連節バスで、三田市内を中心に運行しています。


連節バス
三田ではオレンジ色一色ですが、三田市、神戸市のまちの魅力をアピールするラッピングがしてあります。


連節バス
後の方です。


連節バス
全長18mもあるので、追い越しは難しいですね。
中突堤まで行き、折り返して新港町(新港突堤の方)から三宮までいくルートだと思います。


連節バス
中突堤から折り返してまた目の前を通ります。

今回の連節バスの運行は、社会的実験ということです。
市も新しい公共交通システムができるのでしょうか。
楽しみにしています。


運行期間は、平成29年7月15日(土曜)~17日(月曜・祝日)、22日(土曜)、23日(日曜)でした。
料金は、1回 大人100円、小人50円(ICカード利用可)
神戸市では乗れなかったけど、三田に行けば乗れますのでまた行ってみようと思っています。


この記事のURL | バス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸帆船フェスティバル
2017/08/02(Wed)
神戸開港150年記念事業の一つとして、2017年7月15日~17日に、神戸港で帆船フェスティバルが開催されました。
国内外の帆船が神戸港に集結。帆船パレードの観覧や船内一般公開、セイルドリル、夜間イルミネーションの点灯など、多彩なイベントがありました。
場所は、かもめりあ、中突堤、新港第1・2突堤と周辺海域です。
                               (2017.7.16 撮影)


咸臨丸
ハーバーランド対岸に神戸メリケンパークオリエンタルホテルがありますが、その横に「咸臨丸(かんりんまる)」が停泊中でした。

「咸臨丸」は1857年に江戸幕府がオランダに発注した「咸臨丸」の復元帆船。
うずしおクルーズ船です。
今回は淡路島から来てくれたんですね。


Ami
かもめりあ前の桟橋に停泊中の「Ami」です。
2本マストで縦帆7枚・横帆1枚を持つトップスルスクーナー型帆船。

こちらは、駿河湾静浦港を母港として西伊豆を中心に活動されているそうです。


ポートタワー
ポートタワーの上に「海難0」の旗が掲げられています。
一番上の旗は「神戸開港150年」の旗と思うんですが、ズームを使って撮ってもこれくらいにしか写りません。

全国海難防止強調運動は、7月16日から31日までの16日間、「海難ゼロへの願い」をテーマに官民の関係者が一体となって展開する海難防止の全国運動です。


「みらいへ」と「海王丸」
ハーバーランドからメリケンパークへと歩きました。
メリケンパークの対岸は新港第1突堤で、写真左の「みらいへ」と右の「海王丸」が停泊しています。
近くに見えても結構遠いです。


看板
帆船フェスティバルの看板です。


「みらいへ」
新港第1突堤に着きました。
手前に「みらいへ」が停まっています。


「みらいへ」
帆が少し張られています。


旗
開港150年記念の旗です。


「みらいへ」
帆が全部張られたところです。

「みらいへ」は元大阪市の「あこがれ」。
現在は神戸船籍で海事人材の育成に貢献。


海王丸
「みらいへ」の先には「海王丸」が停泊しています。
どうやら、今からセイルドリル(帆を張る訓練)をするようです。


海王丸
これは一般公開している練習船の「大成丸」からセイルドリルの様子を撮ったものです。
マストに学生さんたちが上っているのですが、写真ではよくわかりません。


海王丸
高いところで準備をしています。
ここにも開港150年記念の旗が。


海王丸
帆を張る訓練中です。


海王丸
訓練終わり。
帆が張られました。

「海王丸」は二代目、船員教育訓練以外に海洋教室や体験航海で一般市民も乗船できる。
船首像は「紺青」


海王丸
これはしばらくして、メリケンパークに戻った時に撮った「海王丸」です。
帆が順番にたたまれていくところです。


星雲丸
「星雲丸」も「大成丸」と同じく、海技教育機構の練習船です。
これには乗船はしませんでした。

新港第2突堤に停泊中の「パラダ」が見えます。


「コリアナ」
新港第2突堤に停泊中の「コリアナ」です。

「コリアナ」は、4本マストのスクーナー型帆船で、韓国唯一のセイルトレーニングシップ。


「パラダ」
「コリアナ」と並んでいる「パラダ」です。

「パラダ」は1989年に建造された練習帆船で海技学校や水産学校の学生の研修船。
ロシアの船です。


「オーシャンプリンス」
「オーシャンプリンス」が港に戻ってきていました。

「オーシャンプリンス」は神戸港で就航する帆船型遊覧船。


15日の入港セレモニーで、帆船パレードや歓迎放水、歓迎演奏があったのですが行けませんでした。
日本丸も入港していましたが、昨日夜に市内の中学生を乗せて東京晴海ふ頭へ出港しました。

今日16日は、御影地区のだんじり5基が練りまわしを披露するときいていたので、ほんとはそれを見たかったのですが、帆船を見ていたので、結局間に合いませんでした。

この記事のURL | ハーバーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リニューアルしたメリケンパーク
2017/05/08(Mon)
神戸開港150年を契機に、平成27年度よりリニューアル工事を進めていたメリケンパークですが、日曜日に行ってみました。
1月に来た時に、工事中の看板に4月完成の予定と書かれていましたので、とっくにできあがっていますね。
リニューアル完成式典は4月5日(水曜)、行われたようです。
                             (2017.5.7 撮影)


バナー
神戸駅から海の方へ向かうとまずハーバーランドに出ます。
神戸ハーバーランドは平成4年にまち開きをしてから今年で25周年を迎えました。
バナーの下は新しい「ロゴ」です。


中突堤中央ターミナル
ハーバーランドから海を見ながら歩くと、中突堤中央ターミナル(かもめりあ)とポートタワーが見えてきます。


ポートタワーの鯉のぼり
ポートタワーの上には鯉のぼりが泳いでいました。


メリケンパークの広場
道路を横切って、メリケンパークに着きました。

広場には「PORT OF KOBE」の文字と、神戸港の開港を表す「1868」の数字が濃いグレーのブロックを使って描かれています。
平面ではよくわかりませんね。


モニュメント
新しいモニュメントもできていました。

-「BE KOBE」は、阪神・淡路大震災から20年目の2015年、「人のために力を尽くす」という市民の熱い想いを集めて生まれたメッセージです。「市民が神戸市民であることを誇りに思う気持ち」を表しています。-案内板の一部より


銀河丸
対岸の新港第一突堤には練習船、「銀河丸」が停泊中でした。


完成予想図
これは、今年の1月に設置してあった看板に貼ってあった、完成予想図です。


スタバ
スタバ、できています。
4月21日にオープンしたそうですが、なんと西日本最大級、かつ関西エリアで初となる公園内店舗として出店とか。

そしてたくさんの人が並んでいます。


芝生広場
芝生広場は今養生中です。


マンホール
1月の工事中の時に、フェンス越しに撮ったマンホールです。


マンホール
蓋が新しい神戸らしいものになるのではと期待していました。
同じでした。

マンホール
これはこれで新しい蓋ですね。

この記事のURL | ハーバーランド | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。