北神急行の駅メモ!ヘッドマーク
2017/09/19(Tue)
今日は兵庫区の新しいマンホールを見るため、神鉄~地下鉄に乗って行ってきました。
乗り換えの湊川公園駅で、ヘッドマークを付けた北神急行に会いました。
                          (2017.9.18 撮影)


神戸電鉄
新開地行電車に乗ります。
久しぶりの神鉄6500系です。


北神急行
神鉄湊川駅で乗り換えて、地下鉄湊川公園駅ホームで西神中央行を待っていました。
隣のホームは谷上・新神戸行になりますが、そちらに入ってきたのが北神急行で、ヘッドマークが掲げられていました。


北神急行
こちらは西神中央行です。
湊川公園から乗って新長田で降りたところで、今から海岸線に乗り換えて、和田岬まで行くつもりです。


車内
車内に旗が掲示されてました。


ヘッドマーク
「駅メモ!」のヘッドマークです。

位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」(略称:「駅メモ!」)と北神急行電鉄の公認マスコットキャラクター「北神弓子(きたがみ きゅうこ)」とのコラボキャンペーンとして、コラボグッズ販売をするそうです。
また、グッズ販売を記念しての、ヘッドマーク掲出車両の運行を開始したとのこと。

記念硬券セットはスルッとKANSAIバスまつりでも販売されることになっていましたが、残念ながら台風で中止 になりました。


この記事のURL | 北神急行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山陽電車の万灯祭のヘッドマーク
2017/08/28(Mon)
高速神戸駅で「万灯祭」ヘッドマークを付けた山陽電車に会いました。
昨年のヘッドマークとは少し違っていました。
                           (2017.8.27撮影)


山陽電車
今年のたかさご万灯祭(まんとうさい)は9月16日~17日です。
高砂市高砂町が兵庫県の景観形成指定地区に指定されたのをきっかけに平成19年から始まったイベントです。

約6Kmの路地キャンドル、会場内の歴史的な建物など8箇所の建物ライトアップなどのイベントが2日間行われるとか。
キャッチコピーは「一年に一度、星が降りてくる街へ・・・」


ヘッドマーク
ヘッドマークです。


ステッカー
ドア横のステッカーです。


ステッカー
こちらもドア横に張ってあります。


この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸市営交通100周年
2017/08/12(Sat)
神戸市営交通は、大正6年(1917年)の神戸市電開業から数え、平成29年(2017年)8月1日で100周年を迎えました。
市電に引き続き、昭和5年(1930年)に市バスが運行開始、市電・市バスは神戸のまちの要所を結ぶ足となっていました。

ところが、だんだん道路が混雑するようになり、運行効率が低下した結果、市電の利用客が減少し始めました。
昭和46年(1971年)に市電路線は全面廃止に。

そして、昭和52年(1977年)市営地下鉄名谷~新長田間が開業、昭和62年(1987年)に西神・山手線が全面開通しました。
平成13年(2001年)には地下鉄海岸線が開業し、現在に至っています。

今年の初めに、往年のカラーで塗装された地下鉄が運行されるというニュースを見て、何度か見に行きました。
が、なかなかあえず、7月やっと写真を撮ることができました。
                                (2017年4月~7月 撮影)


市営地下鉄
地下鉄名谷駅ホームで、新神戸から入ってくる電車を見ていたら、小豆色です。
おお~、やっとあえましたよ。
この線に入ってくるのは、たぶん車両基地に入ってしまう電車ですね。
回送になっています。
これから用事で、次の電車で西神の方へ行くので、どちらにしても乗れないのですが。

「神戸市電」のイメージで塗装されたこの車両は6両編成です。
全28編成のうち、1編成だけとのこと。


市営地下鉄
西神中央駅方面の1両は、小豆色で初期に製造されたモデルを模しています。
下部に細い金色の枠が引かれ、4隅には神戸市の市章が描かれています。
残り5両は、東洋一の市電といわれた「700形ロマンス・カー」をイメージし、上部がベージュで、下部が緑色のツートンカラーになっています。

隣のホームに行っても間に合わないので、こちらのホームから撮ったのですが、近くに行きたかったです。


市営地下鉄
出ていきます。
逆光になるので、ベージュの色がわかりません。


市営地下鉄
7月だったので、七夕のヘッドマークが掲げられていました。


地下鉄車庫
駅員さんに車両基地からすぐ戻ってくるのかと聞きに行きましたが、ダイヤを調べないとわからないとのこと。
時間もないので、西神中央行の電車に乗りました。

車両基地がちょっとだけ見えるところがあるので、電車から写真を撮ってみました。
たぶん一番左に並んでいるのが市電カラーの列車です。


市電
これは以前撮っていた写真で、兵庫区の御崎公園(みさきこうえん)に保存されている市電です。


市営地下鉄
地下鉄伊川谷駅ホームの3000形の電車です。


市営地下鉄
名谷駅に入ってくる2000形の電車です。


市営地下鉄
伊川谷駅を出ていく1000形の電車です。
横のラインがいいですね。


ヘッドマーク
100周年のヘッドマークです。


ヘッドマーク
同じくヘッドマークです。


地下鉄名谷駅
地下鉄名谷駅の切符売り場には大きな幕が張ってあります。


市バス
名谷駅前の市バスです。


こうべ花時計
今の花時計のデザインが交通局のものと新聞で見ていたのですが、なかなか行けず、7月27日に撮りに行きました。
8月には植え替え予定とのこと、よかったです。


花時計の説明板
神戸市交通局徽章(こうべしこうつうきょくきしょう)のデザインです。
市営交通100周年を迎え、利用促進に向けて様々な記念イベントを実施中と書かれています。



この記事のURL | 地下鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「山陽電車創立110周年記念号」ラッピング車
2017/07/06(Thu)
台風が長崎に上陸した日、用事で東灘の方へ出かけていました。
関西も雨が激しくなりはじめ、早く帰ろうと高速神戸駅ホームに降りていたら、入ってきた電車がラッピングされています。

一番後ろの写真を撮ったものの、側面のいろんなラッピングを見るためには、このまま姫路まで行くしかないなと思いました。
で、いつもの新開地では降りず、乗り続けたものの…。
                            (2017.7.4 撮影)


山陽電車
高速神戸駅ホームに停車中の姫路行山陽ラッピング車です。
後部(梅田側)を撮って、急いで乗ってはみたものの、隣の新開地で降りるのはあまりに惜しいと考えました。


ヘッドマーク
ヘッドマークです。
この列車は、山陽電鉄の会社創立110周年と、子会社である須磨浦ロープウェイが、9月18日に開業60周年を迎えることを記念して運行されるとのこと。

7月2日から運行ということは、今日は2日目だったということですか、ラッキーでした。


車内
車内です。
創立100周年を迎えた、2007年からの10年間の歴史を振り返るポスターが展示されています。


明石大橋
この路線は、海が見え始めると景色がまさに絵葉書のようなのですが。

明石大橋が見えています。
台風近づいているのでしょうか。


山陽電車
山陽明石駅でとうとう降りました。
電車の遅れもあるようで、もし帰られなくなったら大変ですので。


山陽電車
姫路側先頭部です。
うみひこ、やまひこは須磨浦ロープウェイのゴンドラの名前です。


山陽電車
中間車側面のラッピングです。
後ろに向かって歩き始めたのですが、もう出発です。


山陽電車
姫路に向かって出ていきます。

側面には、姫路城、好古園(こうこえん)、明石海峡大橋など、沿線の観光名所が描かれています。


この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山陽電鉄のヘッドマーク
2017/06/24(Sat)
山陽電鉄は2017(平成29)年7月2日(日)に会社創立110周年を迎えるとのこと。
これを記念して5月22日(月)から一部の編成に110周年記念ロゴをデザインしたヘッドマーク が取り付けられています。
そして今日は、また違うヘッドマーク付きの電車にあいました。
                            (2017.6.14 ~6.23 撮影)


6月14日

山陽電車
高速神戸駅ホームで電車を待っていたら、ヘッドマーク付きの山陽電車が入ってきました。


ヘッドマーク
110年になるんですね。
長い間、ありがとう。


6月23日

sannyou170623-1.jpg
先日写真の写りもあまりよくなかったので、もう一度撮りたいなと思って待っていました。
高速神戸駅の下りホームです。
一番左は直通特急姫路行阪神電車、隣(真ん中)は普通姫路行山陽電車、一番右は上りホームで普通梅田行阪神電車です。
3列車が同時に停車中というのも、あまり見なかったので、撮ってみましたが、ボケてます。


山陽電車
110周年、来ないなぁと思っていたら、違うヘッドマークの電車が入ってきます。
先頭部は撮れませんでしたが、後部から撮れました。


ステッカー
電車側面ドア横のステッカーです。


ヘッドマーク
明石海峡大橋とパパたこが描かれています。

半夏生(はんげしょう)にタコを食べるのは関西だけでしょうか。
タコと言えば、明石。
山陽電車に乗って明石に行き、魚の棚(市場)でタコを買うのもよし、明石焼き(タコ焼き)の店に入るもよし、「夏は来ぬ」ですね。


この記事のURL | 私鉄 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ