国道九四フェリーと徳島自動車道
2016/09/09(Fri)
宮崎から神戸まで戻るため、大分から四国へ渡るフェリーに乗ることにしました。
2年前と同じ、「国道九四(こくどうきゅうし)フェリー」です。
こちらは予約なしでも大丈夫でした。
                             (2016年8月撮影)



地図
「国道九四フェリー」は大分市の佐賀関港~愛媛県西宇和郡伊方町の三崎港に至る航路です。
ここは国道197号海上区間ということになります。


フェリー
こちらは九州側、佐賀関港です。
三崎港からフェリーが佐賀関港に入ってきます。
パンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所の大煙突、赤白のラインが印象的ですね。


フェリー
フェリー「遥かぜ(はるかぜ)」着岸します。
これに乗ります。


佐田岬灯台
進行方向に向かって左側、佐田岬半島(さだみさきはんとう)と突端の佐田岬灯台が見えます。


風力発電
佐田岬半島の風力発電、風車が稜線上に林立しています。


虹
進行方向に向かって右側に回ってみました。
船の舳先(へさき)から水しぶきが上がるたびに、虹ができています。


フェリー内
フェリーの中です。
約70分の船旅ですが、売店も自販機もあります。


三崎港
もうすぐ四国側、三崎港に入ります。
到着は14時過ぎ、あとは帰るだけです。


吉野川SA
国道197号~松山自動車道~徳島自動車道に入り、吉野川サービスエリアで休憩しました。


吉野川SA の駐車場
サービスエリアの駐車場から出ていくジェイアール四国バスです。
バスの写真を撮っていて、向こうの山の景色に驚きました。


吉野川SAより見える山々
鉄塔の数がとても多いと思うのですが。
それに赤い色に塗られているものもあります。

ここを出発したのが午後6時ごろ、まだ明るいです。
我が家に着いたのは午後8時半過ぎていました。

この記事のURL | 四国地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |