わたらせ渓谷鐡道
2017/07/22(Sat)
次は、わたらせ渓谷鐡道に乗ります。
桐生発14:35、大間々駅(おおままえき)までしか乗れないのですが、今日中に足利に戻りたいので、仕方ありません。
                            (2017.7.7 撮影)


桐生駅改札口
JRとわたらせ渓谷鐡道の桐生駅改札口から入ったところです。


桐生駅名標
桐生駅名標です。
わたらせ渓谷鉄道の駅名標はグレーになっています。


わたらせ鉄道 桐生駅ホーム
間藤(まとう)行列車が停車中でした。
WKT-500形 (501, 502)の501です。


列車側面のロゴ
501の愛称「けさまる」は列車の側面に掲示してありました。


列車内
車内はロングシートになっています。


橋梁
桐生駅を出てしばらくしたら渡良瀬川を渡ります。


橋梁
両毛線とわたらせ渓谷鉄道が共用している、渡良瀬川橋梁です。


下新田駅
桐生駅の次の駅、下新田駅(しもしんでんえき)です。

JR東日本と設備を共用している下新田信号場内にて、わたらせ渓谷鐵道線のみ旅客扱いする駅として開業しました。
なので、JRのホームはありません。
写真右側にJRの電車が停まっています。(下新田の留置線への出入庫線)


相老駅
下新田駅の次の相老駅(あいおいえき)です。


すれ違う列車
相老駅で桐生行の列車と行き違います。


大間々駅名標
14時35分発で、大間々駅到着14時52分でした。(280円)

間藤まで行ってみたかったんですけどねぇ…。
約1時間後の桐生行に乗る予定で、少し歩いてみます。


大間々駅
大間々駅舎です。(群馬県みどり市)
木造のレトロな駅舎で、映画のロケ地にもなったそうです。


大間々駅の車両基地
駅横には列車が並んでいます。
大間々駅には車両基地があるんですね。


大間々駅の車両基地
駅前から見えていたので、近づいてみました。
これって、トロッコ列車のもの?
なんと「わたらせ渓谷鐵道DE10形ディーゼル機関車」でした。
トロッコ列車には乗れなかったけど、目の前で見られたなんて、ついてますね。


道案内
マンホールも探したいのですが、遠くに橋が見えるので、行ってみることにしました。


はねたき橋
遠いと思ったのですが、案内板より7分ほどでした。


高津戸峡
はねたき橋から見える渓谷、高津戸峡(たかつどきょう)。
秋の紅葉の景観は見事らしいです。


ダム
橋を渡ったところにあった高津戸ダムです。

外国の観光客の方たちが遊歩道を降りて川の方へ行かれてましたが、とてもそんな元気はなく帰ることにします。
晴天でほんとに暑かったです、まだ梅雨明けしてませんが。


わたらせ鉄道 大間々駅ホーム
大間々駅始発の桐生行の列車が待っていました。
わ89-310形 (311 - 315)の気動車で、これは313、愛称「わたらせII」です。


車内
車内は赤のセミクロスシート、窓にはカーテンが。
なんか豪華ですね。

今から桐生駅に戻り、足利駅に向かいます。
夕日が見えるでしょうか。



この記事のURL | 第3セクター | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |