高知の旅(5)-「とさでん」で高知市内へ
2016/12/02(Fri)
後免町から路面電車の「とさでん」に乗って、県立美術館通で降りるつもりでした。
ところがすれ違う電車の写真を撮り続けていたら、電池切れ寸前になりました。
1台はとっくに切れていたので、頼みの1台、いつ画面が暗くなるのかドキドキしてました。

美術館通で降りてもすぐ見つかるかわからないし、1枚撮ったとたん終わりになるかも。
ホテルは駅前だったので、とにかくホテルに先に入って、充電しようと思ったわけです。
チェックイン15時からというのは助かりますね。
                             (2016.11.20 ~21 撮影)


一日乗車券)
後免町乗り場の事務所で買った一日乗車券です。(1,000円)


とさでん とさでん とさでん

とさでん とさでん とさでん
「とさでん」の電車たちです。
いろいろなラッピングの電車ばかりで、楽しくなります。
電車の中から撮ったり、歩いている時に通れば慌てて撮ったりで、
まともな写真は数えるほどです。



JR高知駅
JR高知駅です。

はりまや橋で乗り換え、高知駅前まで約46分かかりました。
駅を撮った途端、ついに画面が警告音と同時に真っ暗。

時刻は15時過ぎ、今からホテルに行けますが、駅構内の喫茶店に寄り、
「龍馬カプチーノ」なるものを注文してみました。
カップを見ると坂本龍馬の顔が描かれています。
カメラで撮れないのが残念。

ホテルに入ってすぐ充電、しばらくしてカメラを持ってもう一度「とさでん」に乗りに。
一日乗車券がありますからね。

実は県立美術館通にどうしても行きたかったので、暗くなるなと思いつつ乗りました。
着いたのが17時過ぎ、薄暗くなってしまいました。
道行く人に「鳥のマンホールありませんか」と聞いてみたのですが、結局わからないまま。
まず美術館通がどこからどこまでなのか、それもわからず。


とさでんの車内
あきらめて、電車で戻ることにしました。
皆さんが降りられた後、撮らせてもらいました。
この座席、いいですよね。
電車の座席といえば、ロングシートが向かい合わせになっていることが多いと思います。


◇ここから下の写真は21日に撮ったものです

JR高知駅前広場
ホテルの窓から見えた駅前の3志士像です。
左から武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎の順に並んでいます。


はりまや通り
朝早くチェックアウトして、荷物を駅のロッカーに入れ、はりまや橋へ行ってみることにしました。
マンホールは南国市に電話して教えてもらおうかなと思っていますが、月曜日の朝から迷惑ですよね。


はりまや橋
はりまや橋です。


土佐の偉人パネル
高知城歴史博物館前の歩道に、「土佐の偉人」たちのパネルが掲げられていました。


高知城
高知城が交差点から見えますが、今回は残念ながらここから仰ぎ見るだけにしました。


高知城堀
お堀の周りには、マラソンの幟が並んでいます。

時間はちょうど9時、南国市に電話してみました。
オナガドリのマンホールがある場所を聞くためです。
朝の忙しい時間にほんとに申し訳なかったのですが、
今日の昼の特急で帰ることなどを言ってお願いしました。

折り返し電話をいただき、路面のものはわかりにくいということでした。
高知市内にある高須浄化センターというところにカラーのものが展示してあるとのこと。
それが美術館通にあるというものだったようです。


交差点
また「とさでん」に乗り、県立美術館通で降りました。
昨日、ちょっと歩いたところでしたが、明るいと景色もちがいます。


美術館
国分川を渡ると県立美術館です。


美術館通
教えていただいたとおりに、美術館を左に見ながらまっすぐ北に向かいます。


美術館通
しばらく歩くと、突き当たったところに消防署があるはずなのですが。


消防署
ありました、高知市東消防署です。
左に曲がります。

高須浄化センターがありました。
電車を降りてから約15分歩きました。
これは夜ではわからないですね。


高須浄化センターのマンホール
事務所があるので入ったら、連絡をしていただいていたようで、いろいろ説明もしていただきました。
高知県、高知市、南国市、香美市のカラーマンホールが展示してあります。
カラー版はここだけのようです。
一度に撮れなくてつなぎました。


マンホール
敷地内もどうぞということで、見てまわったところ、カラーが薄くなったものがありました。
昔はきれいなカラーだったんでしょうね。

これは県のマンホールで、「高知県 浦戸湾東部 汚水の処理場」となっています。
中央のマークは高知県章、南国市の鳥「オナガドリ」のデザインです。


特急南風
浄化センターを出たのが10時過ぎ、11時13分発の「特急南風」には間に合わないかと思いつつ、
また「とさでん」で駅まで戻りました。

はりまや橋で乗り換えるので、200円を払って乗り換え券をもらい、
高知駅前で降りたら、料金はいりませんとのこと。
11時には駅に到着、予定通りの列車に乗れそうです。

高知駅ホームに「特急南風」が入線してきました。


大歩危小歩危
岡山まで2時間半ほど。
途中の大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)で目が覚めました。
高千穂線もこんな感じだったなぁと懐かしいです。

岡山からは新幹線に乗ります。

高知の皆さま、ほんとにありがとうございました。


この記事のURL | 四国地方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |